霧氷を満喫して、東尾根のコブから高見山を見る

2011-02-13

boo

寒気も緩んだと思ったのも束の間に戻り寒波がやってきて、今日は何処へ行っても雪景色が楽しめそうである。天気予報では奈良は晴れだそうで、雪の深さやチェーン着脱、距離等を勘案して、小骨が残ったように気になっている高見山の青空の霧氷と冬の東尾根のコブ〜東尾根・北尾根の分岐辺りまでは行ってみたいと思った。積雪・凍結の恐れのある水越峠は避けて橋本経由で大迂回する。家を出ると周りの山々は麓まで雪化粧してわざわざ遠くまで行かなくても近場の山を徘徊するだけでも充分ではと思わせるほどの景色が広がっている。大宇陀を過ぎる頃にはチェーン必須と思っていたが、山の雪化粧からは考えられないほど道路に雪も無く凍結もしていない。嬉しい拍子抜けでたかすみ温泉に難なく到着。

たかすみ温泉の周りの山も雪化粧

しばらくはアイゼンも必要のない新雪で、高見杉避難小屋で小休止のついでにアイゼンを付ける。先日の武奈ヶ岳で使用したダブルストック(古い子供用のスキーのストック)が楽チンだったので、今回も大活躍だ。平野分岐辺りからは周り一面の霧氷が素晴らしい。雪も純白の新雪である。エビの尻尾はそれほどの成長を遂げていないが、時折青空も見え霧氷のトンネルもいつもながらの美しさで出迎えてくれる。山頂避難小屋は相変わらずの盛況で一寸の余地もないが、今日は比較的風も穏やかで日も射して展望台やその周辺で屯してお昼にしている方も多い。展望もまずまずで青空も見てリベンジ達成である。

時折、晴れ間も覗く

疲れを吹き飛ばすプロムナード

至福の歩きである

木の幹に着く霧氷が美しい

笛吹岩

麓の山々まで真っ白の雪化粧!

山頂付近から麓を俯瞰

さて、もう一つの心残りの北尾根へと向かう。あらー、踏み跡が無い。膝下まで雪に埋もれてとりあえず下って、手前の小さなコブに立つ。ここからでも絶景で、このコブを巻くトラバースが雪が深くて全く見当がつかないので諦めて引き返そうとしたら、息子が偵察に行くという。何とか行けたようなので後につづく。やはり東尾根のコブからの展望は素晴らしいの一言で、今日高見山に来た甲斐があったというものである。相棒は大ガレまで行こうとさらに歩みを進めるが、帰りのしんどさを思ってここまでで満足とする。で、引き返したのだが何ともあっけなく山頂に戻ってしまった。こんなことならもう少し行っておけばよかったかとは、ヘタレの後の祭りである。

東尾根のコブに立つ相棒。よし、ルートはできた

東尾根のコブから高見山山頂。間の小さなコブに立って相棒が無事東尾根のコブに着いたのを見て後を追う

東尾根のコブへ向かう途中から

東尾根のコブから山頂

東尾根のコブから北尾根、深い新雪に恐れをなしてここで撤退

東尾根のコブから奥の三峰山へとつづく東尾根

昼飯にしようと戻った山頂は12時を過ぎて人、人、人で埋まっている。避難小屋どころか山頂周辺座り込んだ人の群れで、高見山恐るべしの賑わいだ。やっと見つけた避難小屋の裏で腰を降ろして昼飯の準備をしていたら、周りの雪が黄色く変色しているのに気が付いた。アレに決まっている。何ヶ所もある。アレをするのは結構であるが、場所を考えてもらいたいものだ。先週の武奈ヶ岳でも登山道に沿って5つ6つのアレの跡が並んで残っていた。連れナントカも結構だが少し登山道を外すくらいの余裕は持てないものか。人は群れると怖い。とにかく、ラーメンの袋を開いてしまったが撤退だ。高見杉避難小屋まで戻って遅い昼ご飯。たかすみ温泉まで戻ると30分の時間待ちということで、こちらも満員御礼。入浴を諦めたお陰で早く戻ることができた。

12時を過ぎると山頂、登山道とも来る人、帰る人、座り込む人で大ラッシュ

Copyright(c) 2013 高所恐怖症の山歩き All Rights Reserved.