半端ない猛吹雪の洗礼を受けた、坊村から初めての武奈ヶ岳

2011-02-06

boo

今週末は明神平を狙っていたが、雑用・仕事・体調不良のトリプルパンチに見舞われてたまにはおとなしくコタツに潜って雑用を片付けようと思っていた。ところが少し体調が戻ると雑用・仕事は先送りして何処かに行こうとムシが騒ぎだす。もちろん目指すは明神平なのであるが、息子が武奈ヶ岳に行こうと駄々をこねる。泣く子と地頭には勝てないので、超早起きして坊村の葛川市民センターの駐車場に7時に到着。河内長野から国道をひた走りで2時間40分。高速利用より1時間以上余分にかかるが経費節約である。オヤジは助手席で高いびきだから一石二鳥でもある。寒波が緩んだお陰でタイヤチェーンの必要は無かったが、深雪や霧氷は期待できない。晴れ間と琵琶湖の展望に望みを託す。

曙橋から

明王院も深い雪の中

御殿山の山名板

道標も雪に埋もれて・・・

御殿山登山口に入ると雪はシャーベット状になってよく滑る。ハナからアイゼンを付け急坂の植林の中を登る。尾根に出ると強い風が吹いてお日様も雲に隠れている。霧氷どころか展望にも見離されたようだ。しかし雪の量は半端じゃないし、頂上に着く頃には晴れ間も見えることを期待する。御殿山まで2時間。ここからは雪に埋もれた西南稜からつづく武奈ヶ岳が見事で、これだけではるばると来た甲斐があったというものである。御殿山を下るとさらに東からの風が強くなってガスもかかってくるようになる。雪の塊と化した草稜ピークへは油断すると吹き飛ばされるようになる強風と戦いながらの上りで、武奈ヶ岳にかけても暴 風の中を進む。高見山の強風を台風並みと感じたが、今日の暴風に比べるとスケールの違いを感じ、雪山の凄さの一面を少しだが身にしみて味わうことになった。

御殿山に近付くにつれ雪は深くなる

御殿山から武奈ヶ岳を見る

武奈ヶ岳西南稜

雲が湧く

麓から2時間50分で着いた武奈ヶ岳だが、5分も居られずに下山。早い時間帯は単独行の男性がチラホラと見かけただけだが、御殿山を過ぎる頃からは団体さん、グループ、2人連れとたくさんの方が登って来られる。たまに「凄い風ですよー」と脅しをかけておいたが、駐車場に後から帰って来られた方の話だと、我々が登った1〜2時間後には青空が見え風も止み琵琶湖も見えるようになったそうだ。何と普段の精進が悪いことか! また、何とたくさんの嘘をついた(本人にはその気はないが)ことになるのか! ま、穏やかな武奈よりも荒れ狂う武奈に会えたことを感謝しようと負け惜しみするしかあるまい。

Copyright(c) 2013 高所恐怖症の山歩き All Rights Reserved.