チャチャッと午前中に金剛山はツツジオ谷の氷瀑

2011-02-01

boo

午前中時間が空いたのと、寒波も一段落する様子なのでツツジオ谷・二の滝の氷瀑が溶けないうちにと早起きして金剛山へ。今日はお昼までに帰らないといけないので、車だと20分もかからない登山口駐車場(千早側)を利用する。年に1回の大奮発である。伐採作業も一区切りついて今はツツジオ谷への登山道は解放されているらしい。一の滝も氷結して氷柱の裏を滝が流れ落ちている。目的の二の滝は・・・、見事な氷瀑と化している。滝口も奇麗である。滝口からさらに道はつづいていて千早本道に出るらしいが、それは今度の楽しみである。新道と旧道の分岐からは旧道に入る。雪深く沢沿いの美しい道だ。初めて歩くが、雪があればこちらのほうが断然いい。途中尾根に出る道を見送って沢を最後まで詰めて上っていくと国見城跡の下の広場の思わぬ所に出た。今日は全く霧氷がないので行動食を食べてさっさと下山。ワサビ谷を尻滑りで下るのを楽しみにしていたが、道のところどころに段差があって思うようには滑らない。なーんだ、とガッカリしてカトラ入口へ。入口付近の工事は堰堤を作っているようで、堰堤を巻くように新しい道も付いている。家を出てちょうど4時間。11時過ぎには帰って来られた。

腰折滝もサイドは少し凍っている

一の滝は氷柱の裏を滝が流れるのを間近で見る

巻き道から見ると全貌が見渡せる

滝口から下を見る

旧道は雪が深く積もって雰囲気のいい沢筋を上っていく

カトラ入口の現況。「登山道」の案内板も掲げられて安心して通過できるようだ

Copyright(c) 2013 高所恐怖症の山歩き All Rights Reserved.