今年初めての雪を見る家内と金剛山・青崩道

2011-01-14

boo

年末年始の忙しさから解放された途端にヒマになったので、今年初めての雪を見る家内と晴れの予報に誘われて金剛山に向かう。水越川公共駐車場が9時30分とゆっくりとしたスタートで、以前から気になっていた石ブテ尾根への取り付きから青崩道へ繋がっていそうな急階段を上る。雪がたっぷりと積もっていい雰囲気の階段を上り切ると道は二手に分かれ、右へ取るとすぐに青崩道へ出た。分岐を左へ取るともう少し上へ出たようだ。青崩道の最初のダラダラとした長い階段には閉口していたので、こちらのルートのほうがメリハリあって雰囲気もいい。セトを過ぎてからは雪が深くなって階段も坂道のようになり歩き易い。霧氷も付いて山頂に着く頃には雲も取れて展望もよくなり風も穏やかで最高のお弁当日和なのだが、今日は年に一度の贅沢で香楠荘での昼食の予定である。極楽のような食事を終えてダイトレから下山。のんびりと雪景色を楽しみ女房孝行が出来た一日であった。

林道を詰めて鉄の橋を渡ると石ブテ尾根へは左へ、右の急階段を上ると青崩道へと繋がる

急階段がつづくが雪がタップリで嬉しい

家内を待つ間にワサビ谷方向へ少し降りてみた。自然林に霧氷が着いて美しい

国見城跡手前から。六甲まで見える

葛木神社裏

Copyright(c) 2013 高所恐怖症の山歩き All Rights Reserved.