新春大雪のあとの金剛山もみじ谷本流

2011-01-02

boo

今日は例年通りにコタツに潜り込んでお屠蘇とおせちに舌鼓を打ちながら箱根駅伝を見るはずだった。しかし昨日の金剛山のライブカメラを見ると凄いことになっている。大いに迷った末、お屠蘇に未練を残しながら水越峠へ向かう。道路には心配していた雪も無くすんなりと水越川公共駐車場に車をおいてダイトレへ。凄い雪である。あまり雪が深いともみじ谷へのトレースが無ければそのまま大日岳へと向かうつもりだったが、すでに数人が通った形跡がある。膝まで埋まりそうな雪の深さだがトレースが付いているので楽チンだ。これだけ雪が深いと踏み跡を付ける喜びよりも先行者が居ることに感謝である。第五堰堤の下でその先行者に追いつくが、柴犬2匹がお供していて数人のトレースの跡と思ったのはこのワンちゃんのものだった。

ダイトレ、金剛の水の手前でこの雪の深さである

もみじ谷にはいってすぐでも見事な雪景色である

トレースが付いているので歩き易い

第五堰堤の手前で先行者に追いつく

第五堰堤を上がったところで我々が先行すると、前に足跡は無い。すぐの分岐で本流ルートに入るがワンちゃん連れの方はそのまま直進された。適当にルートを付けて壷足でひたすら沢を上がっていく。こうなると雪にまみれようが、足を踏み損ねて沢に突っ込もうが構っておられない、息子と前になり後ろになり交互に入れ替わって道を付ける。最後の急坂は泣きを入れて先行を任す。ダイトレ入口から3時間もかかってやっと葛木神社裏に到着である。国見城跡に寄るがガスがかかって期待はずれ。ダイトレを展望台に向かって、千早園地の大屋根の下で遅めの昼ご飯。今日は風も無く穏やかで暖かくのんびりとラーメンを作ることが出来る。

第六堰堤手前、滝の右側の岩には氷がかなり付いていたが雪に隠れてしまっている

沢が雪に埋もれて見境が無くなる

今日はまだ誰も入っていない沢である

その沢にトレースを付けていく

最後の急坂は厳しい

葛木神社裏のトラバース道

展望台から南葛城山、岩湧山方向を見る

展望台から湧出岳

お馴染みの朱の灯籠の急坂

転法輪寺に初詣

少し晴れ間が見えてきたので慌てて国見城跡まで戻るとガスが晴れて六甲も微かに見えるほど展望がよくなっている。霧氷が奇麗なので青崩への階段を下りると左側にはしっかりと霧氷が付いて奇麗である。青空が広がってきたのでこのまま帰るのも勿体ない。大日岳に寄って太尾東尾根を下ることにする。太尾尾根もなかなかに雪が深い。かなり下まで霧氷が付いていた。雪が深いとアイゼンを付けての下りはおもしろい。童心に帰って新雪の中を駆け回り駆け下る。あっという間の1時間の下り。9時から3時まで雪まみれになった今年一番の新春山遊びであった。

国見城跡、戻って来た甲斐があった

大日岳に青空が広がる

Copyright(c) 2013 高所恐怖症の山歩き All Rights Reserved.