大和葛城山で日の入り・日の出を楽しむテン泊の予行演習

2010-09-18

boo

今日は師匠を伴ってのテン泊の予行演習である。とりあえずは夜景と日の出日の入りが楽しめる大和葛城山のお手軽1泊行から始めてみる。家内にロープウェイ登山口まで送ってもらい3時ジャストにスタート。初めての北尾根ルートを行く。真夏が戻ってきたような暑さと普段の数倍も重いザック、さらにのっけから想像以上の急階段・急坂に汗がどっと吹き出てくる。何ヶ所かで東の展望が開けるものの開通間もないというのに急斜面ではU字型に地面がえぐられ歩き辛い。目標位置「オ」まで来るとやっと一息つけてしばらくは自然林の中の緩斜面を行く。電柱が目障りだが仕方ない。自然探求路とダイトレを経由する分岐点ではどちらを取るか迷ったが距離の短いダイトレコースへ。また急階段・急坂がありダイトレ合流。ここまで1時間15分であった。ここから山頂までダイトレの階段を4ヶ所ほどこなして30分弱。ススキが奇麗に穂を開いている。

ワンデイ用のザックに詰め込み、ぶら下げ、貧民キャンプの出発だ。テントは釣り師用のもの

北尾根ルートはのっけから急階段で始まる

尾根ルートとあって、時折素晴らしい展望が広がる

えぐられて歩きにくくなった新登山道

ススキの奇麗な大和葛城山の向こうには金剛山が聳え立つ

ワレモコウ

山頂からススキと金剛山

山頂到着時、全日空ゲートタワービルと関空連絡橋に陽が当り幻想的だった

夕陽と夜景を肴に麓から運んだ缶ビールと日本酒で乾杯して特上席のレストランで宴会だ。残念ながら明石海峡大橋までは見えなかったが、宴の終わり7時過ぎには奈良側から突如花火があがる。ほんの数分で終わってしまったが、あれは何なのだったろうか? 山頂から東西に広がる夜景の見事さは感動モノだがあまりに明るいので星空の美しさを求めるのは難しい。8時就寝。師匠が幼い頃は夏休みにはオートキャンプ場でテント泊したものだが、山中でのテント泊は広さ・快適さは望めないがワクワクとしたものを与えてくれた。

何とはなしにセンチメンタル気分に陥る日が沈む風景

お月様

Copyright(c) 2013 高所恐怖症の山歩き All Rights Reserved.