早春の蒜山三座縦走

2010-05-08

boo

休暇村の車で送ってもらった313号線旧道の犬挟峠・下蒜山登山口にはすでに10台ほどが駐車している。8時50分、家内と二人で東屋の横から自然林の中へと入り、しばらくは平坦な新緑の中を進む。10分ほど歩くと山頂まで140分の道標があり、階段や鎖のある急な斜面をこなすと、眼前に平原が広がる。前方には山頂かと見間違う鋭峰へと笹原の中を登山道が続き、目を転じれば遠く日本海や山並みに感嘆の声を上げる。足下にカタクリ、ダイセンキスミレが咲く六合目・雲居平を気持ちよく歩き、急坂を息を切らしてよじ登れば九合目で360度の展望は素晴らしいが、山頂へはあとひと上りの急坂が待ち受けている。

下蒜山登山口

新緑の自然林の中の小径

雲居平から振り返る。稜線の向こうには日本海...しかし霞んでいる

ダイセンキスミレ

下蒜山六合目・雲居平から九合目へと続く笹原の中の登山道

登山道随所で見られたカタクリの花

九合目手前の急斜面から振り返る

九合目から下蒜山山頂。まだまだ急坂は続く

ここまで3グループを追い越し、2単独者に追い越されて下蒜山山頂(1100m)まで1時間30分。山頂にはベンチもあり、ここも360度の大展望で大山も望めのんびりとしたいところだが、まだまだ先は長いので5分の小休止で先に進む。中蒜山、上蒜山へと続く縦走路が見渡せ、これから歩く期待がさらに高まる。麓の新緑と芽吹き始めた山頂付近の中に点在して白い花を咲かせるオオカメノキが何とも美しい。フングリタワまで300m下って中蒜山へと登り返すが、下蒜山〜中蒜山間は距離はあるがなだらかな道で歩きやすい。フングリタワのカタクリはすでに終わっていたが、イワカガミ、ショウジョウバカマは少し見ることができた。

下蒜山山頂は大山を望む展望のいい小広場

下蒜山から中蒜山への尾根伝いの縦走路

イワカガミ

登り返す手前の風の通る灌木地帯で一息入れる。二人で3Lの水と0.4Lのコーヒーを用意してきたが、この暑さでは心配である。ほぼ登り切ると塩釜の中蒜山登山口からの道を左に見て、あと少しの上りで避難小屋があってすぐ先が細長い広場の中蒜山山頂(1122m)だ。語呂合わせで「いい夫婦」の山だそうで、我々夫婦にピッタリ…なのである。下蒜山から1時間35分、ちょうどお昼時とあってたくさんの登山者が食事中で、我々もここで行動食と冷たい紅茶で15分休憩。ここも360度の展望だが、大山は見えない。塩釜登山口からのピストンよりも、距離はあるが下蒜山登山口からのピストンが景色もよく尾根歩きも楽しくおすすめである。

ショウジョウバカマ

中蒜山への登りから振り返って、中央が下蒜山とそれから続く縦走路

塩釜登山口から登ってくる道と合流

中蒜山山頂。右手に避難小屋

中蒜山から下蒜山

中蒜山は「いい夫婦」の山

縦走する我々は避難所まで戻って、上蒜山への道を辿る。ここも上蒜山への美しい道が俯瞰できる。登りにかかってユートピアと呼ばれる辺りでは小振りのカタクリがたくさん咲いて道の両側を彩っている。中蒜山〜上蒜山間は距離はさほどないが、上蒜山への上りは鎖もあってかなりきつかった。中蒜山から50分の蒜山三座最高所の上蒜山山頂(1202m)は狭く展望もない。三角点は5分ほど先にあるらしいが、わざわざ往復するもどのものではなかろうと、5分小休止して気持ちのいい尾根道を下って行く。前方に俯瞰する蒜山高原が見事なまでに美しい。右手には大山も望め麓には原生林が広がっている。

中蒜山から上蒜山への縦走路

上蒜山への急坂

左奥に下蒜山。あと一息!

上蒜山山頂は狭く展望もない

20分ほど下れば、八合目・槍が峰で蒜山三座の中でも一、二を競う展望の良さであろうと思う。下蒜山登山口から中蒜山ピストンもいいが、この景色を見ればやはり縦走することが蒜山三座の醍醐味であろうか。槍が峰で15分、たっぷりと展望を楽しみ行動食で腹を満たせて下山。グングンと近付く麓の景色を眼前に見下ろすのはいいのだが、滑りやすい急斜面で気が許せない。植林帯に入って急階段を下りて植林帯を抜けると、槍が峰から55分で緑が美しい百合原牧場(上蒜山登山口)に出る。この手前でワラビが道の両側至る所に芽を出していたので、つい手を出してものの5分ほどで両手一杯も採ってしまった。ここには駐車スペースは無くさらに15分ほど下ったところに上蒜山スキー場駐車場がある。

タムシバ咲く下山路

八合目・槍が峰へと続く尾根道

蒜山高原へと下る

上蒜山登山口の百合原牧場の緑が鮮やかだ

上蒜山登山口に14時40分と思ったよりも早く降り立ったので、1時間くらいは風に吹かれて昼寝していてもよかったかもしれない

下山後、菜の花咲く蒜山ジャージーランドから下蒜山

蒜山ジャージーランドから大山

蒜山高原SAから見る蒜山三座(右から下蒜山、中蒜山、上蒜山)

Copyright(c) 2013 高所恐怖症の山歩き All Rights Reserved.