ゆりわれ〜月出周回で三峰山の霧氷を楽しむ

2010-03-27

boo

今日は昨年の台風で崩落して通行止めになっている大和葛城山のロープウェイ側からの深谷道に替わる新登山道の開通式があるというので、駐車場無料と鴨汁の振舞に釣られて出かける予定だった。しかし、昨日は金剛山で積雪があって霧氷も付いたので、これは高見山や三峰山辺りでも今日は積雪・霧氷の可能性が高いと思い、また、大和葛城山の新登山道は慌てて行くほどのこともないので、急遽高見山方面に車を走らせる。大和葛城山の麓に9時の予定だったので、家を出るのはいくら急いでも8時を過ぎてしまった。9時40分、高見山が視界に入ると麓から真っ白である。これはたかすみ温泉へとハンドルを切ろうと思ったものの、前回の高見山では見事な霧氷と青空と眺望に恵まれている。ところが、初めての三峰山は見事な霧氷にはお目にかかれたが、ガスに阻まれて眺望には恵まれなかった。

ここは、三峰山に再チャレンジしてみようと高見山登山口を通り過ぎる。幸い今日は青空が広がっている。霧氷がダメでも三峰山からの眺望は楽しむことができるだろう。高見トンネルを過ぎると三峰山らしきものが見え山頂付近は真っ白である。テンションを上げながらループ橋を下り飯高ののどかな山村風景を見て桑原トンネル手前から月出の里へと入って行く。月出は中央構造線観察地としても有名でその標識に従って高度をグングンと上げて行くが、1車線巾のところもあり、路面も結構荒れているところがある。中央構造線観察地へは車を置いて500mほど急坂を下らなければならないのと、時間の経過とともに霧氷が溶け出すのを恐れ、ここは通過。ここからはさらに高度を稼いで遥か絶壁の下を眺めながら月出登山口に到着。

ゆりわれコースは自然林の中の展望のいい道

月出登山口を通過すると落石も多く小石、小岩を避けながら、3,4分でゆりわれ登山口。先客2台の駐車スペースに車を置いて登り始めたのが10時30分。ここまで2時間15分。ゆりわれコースは階段もなく自然林の中の展望のよいコースで、高度を上げるごとに雪をかぶった台高の山々や周りの展望が目を楽しませてくれる。八丁平に近付くと霧氷に包まれた林に入り青空に映えて美しい。八丁平からは山頂方向の霧氷の森、麓とそれを取り巻く峰々が素晴らしい。擦れ違った方の話では、8時頃に比べると相当溶けてしまったとのことだったが、欲を言えばキリがないのでこの景観で充分に満足である。山頂からも以前には見られなかった麓と室生火山群が霧氷の向こうに見える。

青空に霧氷!

八丁平から三峰山山頂方向の霧氷

三峰山山頂から室生火山群(一番高い山が倶留尊山、その向こうの麓に曽爾高原)

平倉峰へは足跡が続いており少し進んでみる。静かな霧氷に包まれた林が続いて別世界の雰囲気を味わえるが時間もないのですぐに引き返す。高見山展望地を経て再度八丁平に戻り、シートを敷く。風も強くなく寒さも感じず春のピクニック気分で霧氷の中のランチタイムを楽しむことが出来た。霧氷と展望をたっぷりと楽しんで、下りは新道峠へと向かう。こちらは泥濘となって滑ること滑ること。こんなところで転んでしまうと目も当てられない惨状になること間違いないので、できるだけ雪上を選んで慎重にアップダウンを繰り返すが、ホント、ここで疲れ果ててしまった。新道峠で御杖への分岐を右に見て、少し先のワサビ峠から月出登山口へと下る。

高見山

月出登山口への下りは杉林の中の暗い荒れた道をジグザグに急降下。あまり歩きたくない道だと思った。八丁平から1時間30分で月出登山口に降り立つ。ここから20分ほど林道を歩いて駐車位置に戻り、帰路は遠回りになるが道の状態も見ておきたいので東方向に進む。しばらくは落石もあるが来た方向よりは可愛いもので、すぐに福本登山口。福本登山口からは1.5車線巾の路面の状態のいい道で国道166号線までストレスなく走れる。が、大阪・奈良方向からだとかなり遠回りになってしまうのが難である。冬期は積雪・凍結などの可能性が高いので御杖から入るのが無難だと思うが、春〜秋のシーズンはゆりわれコースが楽しそうだ。福本コースはまだ歩いていないのでシロツツジが咲く頃の楽しみとしよう。

Copyright(c) 2013 高所恐怖症の山歩き All Rights Reserved.