今季最後の雪景色を楽しみに金剛山・石ブテ尾根

2010-03-11

boo

待望の戻り寒波で金剛山の積雪は15cmという。今季最後の雪景色を楽しまなければなるまいと水越峠の旧道に入ると路面にも雪が残っている。水越川公共駐車場から青崩へ下り、青崩道の入口を右手に見て通り過ぎ、林道を遡る。辺りはすっかりと雪景色で振り向けば大和葛城山も真っ白である。踏み跡は3つほどあって一番乗りは逃したと思っていたら、2つは石ブテ尾根への手前の入口に消え、さらに進むと以前にはなかった(と思う)右手に上がっていく丸太階段へと足跡は続いている。方向からいうと多分青崩道へ合流すると思うのだが、石ブテ尾根への奥の入口からは今日は誰も入っていないようだ。これはラッキーと、少し奥へ進んで渡渉してテープを頼りに涸沢を越えて尾根への急坂を上る。

歩き出した頃は青空が見えていたが。石ブテ林道から振り返ると大和葛城山も真っ白である

雪に足を取られるが、新雪の上に新しい足跡を残すのが楽しく急坂も苦にならない。途中、梯子とロープに助けられ登り切ると、先行の石ブテ尾根の手前の入口から続く足跡と合流して残念ながらここからはトレースを追うこととなる。しかし、霧氷も見受けられるようになり、今季最後の一番かと思う雪の深さを噛み締めながら静かな石ブテ尾根道を歩くことが出来た。さすがに丸滝谷方向からは足跡がなく、六道の辻からは道はたくさんの登山者に踏み締められている。大日岳からは展望も青空もなくちょっとガッカリだが、周り一面の雪と霧氷に化粧された樹々は本当に来てよかったと思わせてくれる。

小動物の足跡のみの新雪を踏み締めて急坂を辿る

石ブテ尾根への別の取り付きから上がってきた踏み跡に先行される。ちょっと残念!

石ブテ尾根道は自然林も多くのんびりと歩ける静かな道

六道の辻

今日は家内と一緒でのんびりと歩きすぎたのか、大日岳まで2時間半かかり、あと少しで正午を迎える。ランチは香楠荘と決めていたので、国見城跡は端折ってダイトレを千早園地に向かって下る。途中せっかくだからと展望台に登ると、見通しこそよくないが霧氷に彩られた世界は見ていて飽きることのない素晴らしさである。香楠荘は2回目の利用で、質・量ともに割高感が否めないが席代だと思えば納得出来る。厳寒期は利用する価値は大いにあるが、そんな時以外は青空・曇空の元、お弁当を広げるのが気分的にも経済的にもいいだろう。

大日岳の金剛山では貴重な雪原

水越側から登ると香楠荘方面には滅多に来ることがなかったが、展望台やロープウェイ駅周辺から見る霧氷の景色はなかなかに素晴らしい。こんな景色を見ると、積雪期にはこちら方面にも足を運ばないといけなくなった。ま、楽しみが増えたということで結構なことである。帰路は遊歩道から一の鳥居に上がり、そのままダイトレを下る。こちらは霧氷の付きは少ないが結構な雪の深さで、帰り道の気安さから雪団子を作って斜面を転がしたりして還暦だから童心に帰って、今季最後の雪遊びだ。駐車場に戻ると3時を過ぎている。金剛山で6時間以上もたっぷりと遊ばせてもらった。

展望台から。欲をいえば晴れ間が欲しい!

展望台から香楠荘方面

遊歩道から一の鳥居へ

一の鳥居

ダイトレの階段も雪に埋もれている

Copyright(c) 2013 高所恐怖症の山歩き All Rights Reserved.