霧氷の向こうに広がる眺望に大満足した高見山

2010-02-20

boo

1月20日の高見山は霧氷が見られなかったので、それから丁度1ヶ月後の今日、たかすみ温泉からの再チャレンジである。凍結の心配もなくたかすみ温泉まで1時間40分、9時にスタート。最初の長い階段を登り終え平坦な道になって高見山を見ると…真っ白!である。高見杉まで来ると周りも雪景色となって、これは期待が持てる。急坂を上り切って平野・杉谷分岐まで1時間、ここで倒木に腰掛けて小休止してあんぱんを頬張る。国見岩を過ぎる頃から霧氷が目立ちだし、進むに連れ周りの景色が素晴らしさを増していく。歓声を上げつつ霧氷や遥に見える大台・大峰の山々、室生火山群の山々の眺望を楽しみながら登ると、寒い風も疲れも忘れて知らぬ間に頂上へ。

国見岩を過ぎると霧氷に彩られた登山道に

霧氷の向こうに広がる眺望

お馴染み、霧氷のトンネル。これが見たかった!

時折青空も覗いて・・・

今日は土曜日でさぞかしたくさんの登山客と、半ば諦めていた避難小屋もまだ11時にもなっていないせいか少し空席が残っている。ここで昼ご飯と思ったが、さほど寒くもないのでせっかく山に来て澱んだ空気を吸うこともあるまいと、山頂からの展望をゆっくりと楽しんだ後、少し下って霧氷の林の中に陣取ってお弁当。しかし、やっぱり寒かった。国見岩までは余韻を楽しむようにゆっくりと下り、あとは一気にたかすみ温泉まで。1時過ぎから2時過ぎまでたっぷりと1時間の温泉三昧は疲れた体を癒してくれるが、さらに欲を言えば湯上がりの一杯があれば大々満足といったところか。

たかすみ温泉も見える

登り口近くの谷で見かけたツララ

Copyright(c) 2013 高所恐怖症の山歩き All Rights Reserved.