初めての三峰山の霧氷のトンネルに溜息つくばかり

2010-02-16

boo

三峰山登山口のみつえ青少年旅行村まで河内長野から約2時間。思ったよりも近いのには吃驚した。昨日は暖かい雨の一日だったので雪が溶けて霧氷も着いていないだろうと諦めてはいたが、初めての山でもあり時間の都合もついたので偵察がてら出かけてみる。思った通り青少年旅行村までは濡れた路面で凍結の心配もなく駐車場に着く。山を見上げると期待(?)に反してかなりの広い範囲が白くなっている。一気にテンションが上がって9時50分にスタート。登り尾ルートを上がる。トイレを過ぎると薄らと雪の気配がし出し、霧氷の林に歓声を上げ、避難小屋手前ではツルツル状態になったのでアイゼン装着。この辺りから霧氷は大きく着きだして、真っ白な樹林帯の中を進むようになる。

木橋を渡って登り尾ルートへ。雪は全く無い

山小屋風のトイレまで来ると、山の頂きは真っ白だ!

だんだんと霧氷が出迎えてくれるように・・・

幹にも・・・

三畝峠。この手前から少しガスがかかってきた

三畝峠から八丁平分岐を経て三峰山山頂へは自然林の霧氷のトンネルを行く夢幻の道のり。登山口からのんびりゆっくりで2時間弱。生憎とガスがかかって山頂からの展望は楽しめなかったが、四方八方が霧氷に囲まれた景観を堪能することが出来た。ここで丁度お昼なので八丁平に下ってこんもりとした常緑樹を風よけにしてランチタイム。暖かいコーヒーが旨い。下りは新道峠を経由する眺望のいいという尾根道コースを取るつもりだったが、ガスのため展望が全く効かないので、ロングコースは次回のお楽しみに取っておいて登り尾ルートをピストンすることにする。約4時間の霧氷ツアーは非日常的世界を充分に楽しませてくれるものだった。

植林が影を潜め周りは自然林に・・・

霧氷の花咲く林の中を・・・

霧氷のトンネル

三峰山山頂。ガスがかかって展望は0

八丁平

Copyright(c) 2013 高所恐怖症の山歩き All Rights Reserved.