金剛山、ワサビ谷を撤退して青崩〜カトラ谷

2010-01-30

boo

ワサビ谷というのが以前から気になっていたが、登山口で600円支出するのもムダなのでコースとして除外していた。ところが、「単身赴任の山歩き/金剛山二ノ滝の氷瀑という記事を読んで、いつものように水越川公共駐車場に車を停めてセトから下るというヒントをいただいた。今日は雪も霧氷も楽しめなさそうなので、せっかくだからこのコースを試しに歩いてみる。水越川公共駐車場から青崩登山口まで10分、青崩登山口からセト分岐まで1時間。セトから急斜面を下って黒栂谷を越えると左手に奇麗な谷が見える。思ったよりも早く20分ほど下っただけだ。奇麗な谷はカトラ谷で、そちらに少し進むと左手にワサビ谷への入口がある。ここからやや急な坂道で眼下にワサビ谷を見てロープもある狭い所を過ぎると、道は谷を越えるように続いているが、斜面でいかにもツルツルと滑りそうな大きな岩を通らなければならない。

ワサビ谷の前半は荒れた感じの狭い道

このいかにも滑りそうな傾斜のある岩を越えられずに撤退

一昨日の雨や雪解け水の影響もあってか水量もあるようで、高所恐怖症でヘタレにはとても渡る勇気が出て来ない。しばらく葛藤して、20分あまりの上りを捨てて撤退。結局40分ほどロスして心に深い傷を負ったが、気を取り直してカトラ谷を行く。水飲み場まで25分、ここで小休止してエネルギー補給。水飲み場から国見城跡まで20分。セトから下ってカトラ谷を国見城跡まで行くと1時間5分の歩行時間ということになる。セトから青崩道を国見城跡までそのまま行っても30分はかかるので、このセトから一旦下るという方法は、千早側からのいろんなコースと組み合わせて楽しみが倍加しそうである。山頂からは見通しも良くなく、雪も霧氷も無いので長居は無用。ガンドガコバルートを下って駐車場まで1時間15分。ガンドガコバルートはタイムを計ったことがなく、膝に優しいロングコースとばかり思っていたが、思ったより短時間だったのは意外。

カトラ谷の鎖場の手前、この辺りからしばらく下を見るのが怖い

Copyright(c) 2013 高所恐怖症の山歩き All Rights Reserved.