国見城跡で見事に尻餅ついた金剛山は寺谷ピストン

2010-01-24

boo

同伴者が妙見谷を登りたいというので久しぶりに千早側から登ってみようと、まだ歩いたことのない寺谷ルートを登る。同伴者を妙見谷入口で降ろして府営駐車場を9時45分にスタート。初めての道は期待感と少し緊張も伴う。伏見峠への途中から一気に高度を上げると沢筋に出るなかなかにワイルドで楽しい道だ。遊歩道に合流する手前からアイスバーン状態になって慎重に登ると、見上げる青空の下に霧氷がついている。国見城跡に10時45分。なんともあっけなく着いてしまった。さて、落ち合う予定の同伴者は道に迷って12時を過ぎると連絡があり、霧氷も美しかったので千早本道を少し下ったり、大日岳の様子を見に行ったりと1時間ほど周辺をウロウロ。いったん装着したアイゼンを外した途端に国見城跡のアイスバーンで見事に尻餅をついて大恥を曝しているうちに、同伴者も到着。寒さに曝されていたのでとにかく弁当を食べて、霧氷も溶けてしまい長居もしたくないので、さっさと来た道を引き返す。下りの寺谷ルートでも軽く尻餅をついて、今日はスッテンコロリンとよく転んだ一日だった。

寺谷ルートを登り切ると美しい霧氷がお出迎え

霧氷を求めて千早本道を少し下る

国見城跡

大日岳の霧氷はほとんど溶けていたが、道はアイスバーン状態

大日岳からは大峰の山並みがよく見えた

Copyright(c) 2013 高所恐怖症の山歩き All Rights Reserved.