雪化粧した金剛山もみじ谷を一番乗り

2010-01-13

boo

昨日の雪に誘われて水越峠に向かい、旧道に入ると路面は凍っている。駐車場まで上るのは諦めてトイレ前に駐車。凍って滑る坂道を水越峠まで15分、8時半にスタート。ダイトレはすっかりと雪化粧しており、もみじ谷入口に9時5分。渡渉地点には幸いなことにまだ新しい足跡は無い。今年一番の雪化粧したもみじ谷のまっさらな雪の上を歩くのは本当に気持ちいい。1時間ほど谷沿いの新雪とツララと清冽な水流を堪能して、尾根に一気に上がればだんだんと雪も深まり、踏み跡もなく雪に足を取られて疲労度がピークを迎える頃に一の鳥居の上に飛び出しホッと一息。国見城跡(10時50分)からは明石海峡大橋まで薄らと見えようかと思うほどの見通しのよさだったが、霧氷は期待したほどのものではなかった。10分ほど小休止+補食して青崩道をお昼ご飯に間に合うようにそそくさと下る。

ダイトレ林道も雪の世界

もみじ谷入口渡渉地点には先行者の足跡は無い

谷沿いの新雪とツララと清冽な水流を独り占めできる

5つ目の堰堤手前の滝にできたツララ

葛木神社裏のショートカット

転法輪寺

国見城跡のベンチに積もった雪

Copyright(c) 2013 高所恐怖症の山歩き All Rights Reserved.