まっさらな雪の中、金剛山・もみじ谷を独り占め

2009-12-19

boo

昨日に続いて今朝も雪が・・・という期待は裏切られたが、とりあえず金剛山へと向かう。水越川公共駐車場に8時20分。途中から見た限りでは雪の量も大したことはなさそうと下がり気味だったテンションも、水越峠のダイトレ入口からはアイゼンが必要と、なかなか期待が持てそうな雰囲気になってくる。カヤンボのダイトレ入口を見送り、もみじ谷入口に来ると、なんと昨日から誰も入った形跡がない。新雪を独り占めできるラッキーに感謝して谷筋を遡る。しかし、ところどころで足跡が現れ、そして消える。イノシシらしきトレースの気配と小動物の足跡らしきものがあり、それが先客の正体のようだ。

もみじ谷入口の渡渉地点。まだ誰も入っている様子は無い

まっさらな雪の中を渡渉を繰り返しながら進む

5つ目の堰堤手前の滝にはツララが

谷を離れると急登で、尾根に辿り着く。しばらくは笹原と自然林や植林の入り混じった静かな林の中を右手にもみじ谷を眼下に樹林越しには大和葛城山、生駒、大阪平野、奈良盆地を垣間見て進む。ここまで未踏の新雪の中だったがダイトレに合流すれば登山客の姿がチラホラと見える。葛木神社裏から国見城跡上の展望台に進むと見通しはよく大パノラマが広がっている。風が強いので、国見城跡下の広場で昼食休憩。下りはガンドガコバルートだが、太尾塞跡まではしっかりと踏みしめられた雪の上を気持ちよく歩く。帰りにもみじ谷入口を見てみるとあれから4,5人は入った形跡があって、一番乗りできた幸運の余韻に浸ってダイトレを下る。

急坂を上り切ると、誰一人と居ない静かな尾根道

国見城跡

国見城跡上の展望台からの見通しは素晴らしい

大日岳から

太尾塞跡前

ガンドガコバ林道

Copyright(c) 2013 高所恐怖症の山歩き All Rights Reserved.