滝畑起点に東ノ燈明岳と滝巡り

2009-11-26

boo

滝畑ダム湖畔の無料スペースに車を置いて石川沿いに府道61号線を遡り新関屋橋を過ぎれば幽山渓谷の趣へと変わる。この辺りの紅葉は今が見頃で、稚児滝を左に見て光滝への入口を右手に見送り府道から離れて御光滝林道のゲートを越えればすぐに荒滝への入口がある。舗装された林道を奥へと進み、邪魔な木が伐採されて林道からもよく見えるようになった御光滝の滝口近くにある休憩所で補食。ここまでのんびりと歩いて40分。御光滝からは右手にヘイシ谷の細道が上っており桧原越の千本杉峠に通じているが通行止とある。

岩湧山の麓には霧が立ちこめている

新関屋橋を過ぎると石川の渓流が美しい

稚児滝

御光滝

千本杉峠へは通行止、らしい

林道をそのまま20分ほど行くと左手に夫婦滝。すぐに橋の手前に右へ林道が通じているがこれを見送り橋を渡ると突き当たりT字路になっている。右は舗装された林道で左は広いが地道で荒れた感じだが燈明岳へはこの左の地道に入る。途中右手に燈明岳への小道が通じているはずと注意していたが堰堤の手前で林道が途切れ細い道が先に続いている。この右手に上に向かって踏み跡のしっかりした小道があるのだが、ネットで調べた様子とはかなり違う雰囲気なのでとりあえず引き戻すと、赤テープが幾本か巻かれた杉がある。来る途中は見逃していたが、踏み跡も定かでない急斜面を尾根に向かって一気に直登する感じで、この赤テープがなければとても上る気にはならないと思う。

夫婦滝。この手前にも3筋に流れる似た感じの滝がある

燈明岳へは突き当たりを左へ。地道の林道

道は荒れている

燈明岳への登りを指し示す赤テープ。ここから尾根へ直登する

急斜面を尾根まで這い上がると右手に東菜畑谷を挟んだ稜線を見ながらの上りが続き、途中赤いリボンに導かれて山腹を巻く平坦な道を進むと十字路に出る。夫婦滝からここまで登り口の特定などで時間をロスして50分ほどかかってしまった。十字路を直進すれば薄暗い植林の下りで「かつらぎ町遊歩道」へ、右は「七越峠から三国山」、燈明岳へは左へ行く。少し行くと右奥より林道を合流し、雑木林と植林を左右に分けた道を上っていけば15分ほどで分岐があり、左へ行くと神野山(869m)へはすぐだが次の楽しみにとっておく。右の燈明岳へと進み左に葛城修験第12経塚を過ぎると左奥から林道が合流してくる。その少し先で「かつらぎ町遊歩道・近畿自然歩道」の舗装路に合流して左折するとすぐに燈明岳への階段が左手に現れる。

急斜面の直登

尾根の上りをしばらく行くと途中から山腹のなだらかな道に変わる

左に雑木林、右に植林の道

左の植林の中は神野山へ

葛城修験第12経塚

燈明岳への階段

燈明岳山頂には役行者が祀られているが、見晴らしは無い

そのすぐ先に展望台があり、神野山分岐からここまで20分ほど。展望台からは紀ノ川、龍門山、飯盛山、高野の山並みが見渡せ雄大な展望が広がる。しかし今日は頭上には青空が広がり絶好のハイキング日和なのだが、遠くは霞んで視界が良くなかったのが残念ではあった。燈明岳山頂(857m)は展望台からはほんのひと登りだが役行者を祀る石祠があって狭く見晴らしもないので、展望台に戻り昼食休憩。歩き始めて3時間ほど経っているのでハラペコである。

展望台近くのすすきと紅葉

展望台。下のデッキにはベンチが2つ

前面に慈尊院から始まる町石道の稜線と遥か奥に高野の山並み

展望台を下り「かつらぎ町遊歩道」を左折してすぐに右手に下る堀越観音への小道を見送り、少し行くと分岐があり蔵王峠は右の舗装路だとは思ったが、左は山道となって並行しているようなので舗装路を嫌ってとりあえず入ってみる。急な上りをこなしたもののどうやら見当外れのようだったので諦めて引き返す。諦めが肝心の時もあるが諦めが早過ぎて後悔することもある。とかくに人生は難しいし面白い。堀越観音への車道に合流して蔵王峠までは緩い下りの道幅たっぷりの舗装路だが、周りの山々の紅葉や時折見える麓の山村の広がりなど明るい気持ちよく歩ける道だった。ロスタイムもあって蔵王峠まで展望台から50分。

燈明岳からの帰りはすべて舗装された道

蔵王峠へは展望もところどころで広がる明るい道

蔵王峠。直進すれば滝畑へとつづく

蔵王峠からは石川沿いの鬱蒼とした府道61号線を下る。舗装された緩やかな下りの車道歩きだが、右・左に入れ替わる石川の渓流が見事なまでに美しい。水量も多く美しい小滝が次々に現れ「滝畑48滝」の名に恥じない景観で、この日は予定時間をオーバーしたので蔵王峠からは駐車スペースまで1時間というハイペースで下ったためゆっくりと楽しむ余裕がなかったのが残念だ。いずれのんびりと滝畑から蔵王峠まで美しい渓流を楽しみに歩いてみたいものだ。

蔵王峠から滝畑へは石川の渓流に沿った小滝の連続する美しい道

滝畑ダム湖畔の紅葉も今が盛り

Copyright(c) 2013 高所恐怖症の山歩き All Rights Reserved.