蔵岩に足が竦んで撤退した槇尾山ハイキング

2009-11-10

boo

自宅から槇尾山登山者用駐車場まで30分。立派なトイレまであって駐車無料はありがたい。今日の予定コースは、五つ辻〜槇尾山山頂〜蔵岩〜施福寺への一周。五つ辻へは上りばかりの平凡な道。五つ辻からは露岩も傾斜もある細い山道になって、しばらく行くと分岐点。左:施福寺とあるので表示に従って進む。展望のいいポイントが現れるが今日は曇っていて大阪湾方向の見通しは良くないのが残念だ。紅葉にはまだ少し早い感じだがところどころ色付いており、それなりにいい雰囲気の道が続く。直進と右折する分岐にさしかかり、少し迷い気味の時に丁度ご夫婦が上って来られたので槇尾山への道を尋ねる。直進すると奥之院道のようで、槇尾山への分岐も親切に教えていただいた。感謝!

槇尾山登山者用駐車場

五つ辻への登り口

根来谷から離れて石階段の山道へと入って行く

五つ辻。鳥居をくぐれば清水の滝への道だが・・・見送る

左:施福寺への案内板

なかなかの急な登りが続く

さて、右折してしばらく進むと三国山への道を右に分けどんどんと下って行く。岩湧山がよく見えるところから少し下るとさきほどのご夫婦がおられ、槇尾山への分岐が分かりにくくなっていたので待っていてくださったようだ。確かに見逃していたかも知れないようなところだったので大変助かった。重ねて感謝! ここからはなかなかの急登で何回も山頂かと思うところを乗り越えてやっと槇尾山山頂(捨身ヶ岳:601m)に到着。少し西方向の展望が開けており、小広い台地上で小休止にはいい。奥で道は分岐していて左:蔵岩、右:施福寺とある。蔵岩への道を取ると立木に掴まらないと滑り落ちそうなほどの激下りで、前方の視界がパッと広がると蔵岩。

岩湧山

槇尾山へは左へと上がって行く。手前の立木に「捨身ヶ岳」の文字が目印

槇尾山への上り

槇尾山山頂の一部開けたところから。見通しが良くないのが残念。

左:蔵岩、右:施福寺

蔵岩

ところがこの写真を撮ったところから足が一歩も前に進まない。数歩先に進めば金剛山を中心にダイトレの稜線が見えると家内にハッパをかけられても、竦んだ足は動きそうにもない。高所恐怖症でない方はここからの360度の展望はとても素晴らしいことと思うが、展望を楽しむゆとりなど微塵もない。という顛末なので、施福寺へはこの岩稜を通り越えなければならないのだが、あえなく撤退。

蔵岩から西の眺望。東は数歩先に進めないと樹木が邪魔をして何も見えない

これは家内に撮ってもらった東の眺望(奥に金剛山、大和葛城山)

蔵岩から撤退して槇尾山山頂へと上り返して、施福寺への道を辿る。しかし、この下りも凄い傾斜で踏み跡とテープを頼りに滑らないよう進む。金剛山や岩湧山が奇麗に望める箇所もあり、目を楽しませてくれるが途中で分岐があってどちらにもテープがある。とにかく下る方向へと右に下れば最後は滑り落ちるように虚空堂に出た。振り返ると上って行く気のしない道が上に続いている。これが正解だったのかどうかは分からないが虚空堂の階段を下るとかつて通ったことのあるダイトレに。ここからはほんの一足で施福寺で、施福寺境内からの眺望も素晴らしい。施福寺からは参道を30分ほども下れば駐車場に到着で、初めての道を歩いた爽快感と蔵岩を通られなかった挫折感に包まれて3時間足らずのハイキングの幕を閉じた。

黄、白、赤のテープに誘われて激下り

施福寺への途中から金剛山、大和葛城山

施福寺への途中から岩湧山

虚空堂の前に出た

虚空堂の階段を下るとダイトレに出る

施福寺境内から金剛山

施福寺のモミジ

Copyright(c) 2013 高所恐怖症の山歩き All Rights Reserved.