絶好の秋晴れに誘われて大和葛城山(ダイトレ〜天狗谷道)

2009-11-06

boo

午前中の予定がキャンセルされたのと、絶好の秋晴れに誘われて水越峠へ向かう。水越川公共駐車場からダイトレ〜大和葛城山〜天狗谷道への普段とは反対周りの一周コース。ダイトレからの上りは急階段で辛いが200段の表示からはかなり楽になる。この下りは膝に応えるのと天狗谷道がかなり改修されたので今回のコースのほうが楽なように感じた。ツツジ園を見下ろすデッキでコーヒータイム。大和葛城山の魅力は何といってもこのデッキでまったりと時間を過ごすことと思っている。自然研究路へ回ってみたが紅葉はほとんど終わっている。一周しても仕方ないのでダイトレにショートカットして天狗谷道へ。鎖場前後は少し歩きにくいがかつての急段差の階段が改修されたおかげで下りは随分と楽になった。

ツツジ園の向こうには三石山・南葛城山・岩湧山・・・

遥か大峰の山々も見える(肉眼では)

金剛山

デッキで、まったりと時を過ごす

自然研究路

天狗谷道を上ってくる小学生の集団と擦れ違う。挨拶も元気でみんな生き生きとした目を輝かせている。どこの小学校かは知らないが、なかなか頼もしい。青崩から駐車場に向かう途中観光バスの一団がバックで下ってくる。この狭い道を上がって客を降ろしてバックで下るとは迷惑も甚だしい。金剛山から下ってきた人の話では岸和田高校御一行様600名余りだそうで、青崩に広いスペースがあるのだからそこで降ろして歩けばいいと思うのだが。どういう教育理念を持っているのか疑問の学校もあるということか。

Copyright(c) 2013 高所恐怖症の山歩き All Rights Reserved.