みたらい渓谷遊歩道をのんびりハイク

2009-10-30

boo

河内長野から1時間半ほどで天川村。洞川に向かって虻トンネルを抜けると右手に駐車場がある。観音峯への登山口でもある吊り橋を渡って右斜め上に少し登るとみたらい渓谷遊歩道。吊り橋を渡ってすぐに河原へ降りられる細道があってロープが設置された急斜面だが、清冽な渓谷を前にお弁当を食べるには絶好のポイント。さて、みたらい渓谷遊歩道はしばらくは渓谷を遥か下に見て植林の中を進む。足下の透けた編み目の鉄製の桟橋を下る頃から雑木林になり、渓谷も近付き野性味溢れた雰囲気となる。急階段を下り(帰りのことを思うと憂鬱な気分になるが)、光の滝、みたらい滝の豪快な流れを見て、吊り橋からの景観を楽しむと309号線・御手洗橋に出て一息つく。

吊り橋を渡ってすぐに河原に降りると

ここからはさらに展望台へと道は続くが、ここで引き返すことに。御手洗橋下の河原に降り、恰好の岩の上に陣取って心行くまで渓谷美と紅葉を愛でつつコンビニのおにぎりとコーヒーを啜れば至福の一時である。同じ道を引き返すことになるが、流れに遡るほうが奇麗なようだ。1時間あまりのハイキングだったが、思っていた以上の迫力ある渓谷であった。帰りに立ち寄った道の駅・黒滝の1串100円のこんにゃくは旨かった!

Copyright(c) 2013 高所恐怖症の山歩き All Rights Reserved.