小さい秋を見つけに金剛山(ガンドガコバ〜ダイトレ)

2009-09-26

boo

今日は晴れてはいるが見通しはあまり良くなさそうなので、金剛山。9時過ぎでは水越川公共駐車場は満杯だろうと思っていたがガラ空きだった。水越峠まで8分。ダイトレに入るとすぐに紫色に熟したアケビを見つけるが手が届かない。指をくわえて見送って、足下を見ずに上ばかり見ていたら、「ヘビ!」と家内の絶叫。おっとっと・・・マムシと蜂には気をつけなくては。カヤンボの休憩所を左に見送ってガンドガコバルートを太尾塞跡へと辿る。かつては細い緩やかな坂道が続いて積雪期には歩きやすく奇麗な雪景色が見られたものだが、木材搬出のために林道が拡幅されてさらに歩きやすくはなったものの風情は全く損なわれていた。林道終点からほんのひと登りで太尾塞跡に着く。太尾東尾根道よりは若干時間はかかるが(西尾根経由とならほぼ同じ)階段は全く無く非常に簡単・安全に太尾塞跡まで辿り着くことができる。

カヤンボからすぐに大和葛城山が見える

拡幅なった林道。山中の風情はなくなった

太尾塞跡から山頂までは六道の辻の手前と大日岳山頂直前の登りが少し辛い程度で、このルートが一番楽なんじゃないかと思う。下りはダイトレを水越峠まで下って駐車場へ。ここからが本日の楽しみで、かんぽの宿・富田林へ向かい、のんびりと温泉入浴。金剛・葛城山の雄大な眺めを一望できるというここの展望風呂には以前から入ってみたいと思っていたのが、運良く半額クーポン券を手に入れて夫婦二人で550円也。少し狭い露天風呂からは二上山から紀見峠までのダイトレの稜線がはっきりと見て取れる。今日歩いた道筋を思い浮かべて見飽きることなく山容の眺望を堪能して、茹で上がって待ち合いのソファーで缶ビールでも飲めば最高の贅沢というものだ。

大日岳山頂から大阪平野。見通しはイマイチだが青空が奇麗

大日岳山頂のすすき

国見城跡の広場の上から大阪平野

金剛山(ガンドガコバルート〜ダイトレ)ダイトレ・パノラマ台(奥中央に畝傍山)

Copyright(c) 2013 高所恐怖症の山歩き All Rights Reserved.