雨予報が好転して烏丸半島の蓮&近江八幡・八幡山

2009-07-29

boo

今日は家内と娘を烏丸半島の蓮見物と近江八幡に連れて行く約束・・・ところが3時頃には強い雨脚の音・・・今日は中止だわいと寝入って、まだ暗い4時に起こされると・・・雨は止んでいる。眠気も覚めないままに出かけ、烏丸半島には7時を過ぎて到着。雨の予想は裏切られて道中で少し降られただけで、用意の雨傘は家内の日傘に変わる好天気に恵まれる一日となった。

烏丸半島から湖岸道路を少し北上すれば近江八幡で、その町並みと八幡山から見る景色は今年の1月26日に初めて訪れて好印象だったので足を伸ばす。日牟礼八幡宮に参拝して八幡山へ登ろうとの誘いに、ロープウェイで上るという家内と娘に分かれ、一人せっせと頂上を目指す。ロープウェイ山頂駅まで30分あまりかかった記憶していたが、急いで登れば18分と、なんとも頼りない。それでも1周10分あまりの遊歩道からは、琵琶湖、比良山系、西の湖、近江八幡の旧城下町、信長が夢の跡・安土山など360度のパノラマを堪能できる。

千年以上の歴史のある日牟礼八幡宮

日牟礼八幡宮の脇から登山道がある

西の丸から琵琶湖

北の丸から西の湖。その奥右手手前の小高い丘が安土山

展望台から日牟礼八幡宮と近江八幡市街

下りは一緒に付き合ってくれる

近江八幡の掘割

しっとりと落ち着いた雰囲気がいい

掘割から見える八幡山(標高283.8m)

Copyright(c) 2013 高所恐怖症の山歩き All Rights Reserved.