夏山開きも終わった鳥取・大山

2009-07-05

boo

今日はお天気もよく雨も降りそうにない。夏山開きも終わり、南光河原駐車場は6時にはほとんど車で埋め尽くされている。夏山登山道もたくさんの登山者で賑わっており、中高年の単独・グループも多いが、若い人のグループも多く、金剛山やその周辺の山と比べると溌剌とした華やかな雰囲気が醸し出されている。新緑と花に癒されて六合目で小休止。六合目からは展望を楽しめるコースだが、頭上には青空が広がっているものの、残念ながら遠くは霞んで日本海は見えない。ま、麓の景色は楽しめるのでこの季節としては上々の登山日和だろう。

登山者が続く1合目付近のブナ林

2,3合目付近ではヤマアジサイが至る所で咲いている

6合目

7合目から振り返ると登山道がはっきりと見える

木道から見た切れ落ちた斜面

山頂へと続く木道。地味に長く続く登り

山頂手前で振り返ると

山頂は風もなく思ったより寒くない。というよりも、暑いくらいで、半袖Tシャツ1枚で充分だった。しかし、ここからの雄大な景色は飽きることがない。下山は石室コースの周回路。木道で人と擦れ違うこともなく静かに歩ける。少し時間がかかるのと途中で登りもあるので敬遠されがちだが、下りの景色は素晴らしい。温泉に入って昼飯を食べてもう少しのんびりとしたかったが、高速道1000円効果で渋滞も予想されるので早めに宝塚トンネルを抜けようと溝口I.Cに1時半頃に入って順調に帰路についたが、電光掲示板には「宝塚トンネル手前、事故渋滞7km」・・・近付くにつれ「10km」「12km」と増えていく。結局13,14km手前の最後尾に着いて、歩くほどのスピードで渋滞を抜けるまで2時間。いやはや、右足の疲労が2倍になってしまった。

山頂風景

山頂避難小屋。見通しがいいとこの向こうには弓ケ浜の奇麗なカーブが

大山最高峰へは進入禁止

下山は石室コースへの木道

木道の足下からは真下に麓が見える

Copyright(c) 2013 高所恐怖症の山歩き All Rights Reserved.