階段の慣れを試しに金剛山・ダイトレピストン

2009-06-07

boo

大和葛城山のデッキでのんびりと時間を過ごそうと、久しぶりに家内と天狗谷道から大和葛城山に登り水越峠へと下る周回コースを歩く予定で水越峠へと向かう。青崩トイレ前に2,3台のスペースがあったが駐車場へ。10時半と遅い出足だったのでスペースは埋まっている。仕方ないので水越峠付近に路駐。青崩まで下るのも面倒になり、また、水越峠から一の鳥居までのダイトレは下りにはよく利用するが最後に登ったのは2年ほど前のこと。階段の長さに辟易した印象が強くあまり登りたくない道だと敬遠してきた。しかし、ここ2年ほど階段にも慣れてきたと思うのでどの程度のものか試したくなり、予定変更。ダイトレに入るとウツギやミズキの白い花が目立つ。特にウツギはよくよく見ると奇麗な花だが、遠目に見ているとそれほどの有難味は感じられない。

水越峠からダイトレに入ると白い花が目につく

パノラマ台まで45分、2年前はここまでの階段がきつく長く感じたと思ったが苦もなく着いてしまった。霞んで眺望は良くない。しばらくダラタラと登ったり平坦な杉林の中の道を歩くと大和葛城山が見通せ、この先からは延々と長い階段が続いたはずで覚悟して登りにかかったが、拍子抜けするほどの感じで一の鳥居手前の平坦な道に出る。喰わず嫌いで青崩道や太尾道よりしんどいコースだと敬遠していたが、水越峠側からだとガンドガコバルートに次ぐ楽チンコースかも知れない。面白みには欠けるが。

パノラマ台から奈良盆地を見る

一の鳥居からは国見城跡に行っても落ち着かないだろうし、展望も期待できそうにないので、これまた久しぶりの千早園地に向かう。展望台下のベンチでお弁当を食べ千早園地を下り遊歩道へ。ハナから山頂へは行くつもりは無かったので一の鳥居へショートカットして元来たダイトレを下って水越峠へ戻るが、やはりこのルートは下りに利用するのがよろしいようで。

展望台から香楠荘、遥か奥に見えるのは三石山と南葛城山

フタリシズカ。初めてその名を知った

まだ奇麗に咲いているモチツツジ

ウツギ

Copyright(c) 2013 高所恐怖症の山歩き All Rights Reserved.