少し黄砂の影響もあったGW明けの鳥取・大山

2009-05-10

boo

鳥取大山夏山登山道は手軽に登れる割には展望のスケールが雄大で、一度登ってからは時折行きたくなる。6時少し前から登り始めたが、すでにかなりの暑さでどっと汗が吹き出てくる。しかし、新緑の柔らかい黄緑に包まれた道は気持ちがいい。六合目まではほとんど展望が効かないが時折日本海や麓が見下ろせ、樹々も芽吹き始めた状態へと徐々に変化していく。GWも終わり今日は人出も少なく、六合目休憩所は家内と独占状態でのんびりと休憩して補食。六合目からは傾斜もきつくなるが、振り返るごとに高度を増した登山道からは素晴らしい展望が眼下に広がる。疲れを感じる暇もなく八合目まで登れるだろう。

登山同入口にはヤマブキの花

新緑の黄緑のブナ林が美しい三合目までの道

六合目までは時折眺望が開ける

六合目からは山頂手前の木道が見える・・・らしい

八合目からは左右の展望を楽しみながらの緩い上り坂をこなし、木道を山頂へと向かう。木道はついペースを上げてしまうが見た目よりも傾斜はあるようで、ここは逸る心を抑えないと息があがってしまう。ここまでは半袖1枚でも充分だが、山頂は風も強く座って休憩するには寒すぎる。それでも頑張って(?)上着を着込んでほとんど人のいない山頂で、震えながらのコーヒータイム。黄砂が少し飛んでいたようでスッキリとした見通しではなかったが、ここからの絶景を眺めて飲むコーヒーは我慢するだけの価値はある。

ミヤマカタバミ

八合目に向かって登る。素晴らしい展望が楽しめる

登ってきた尾根道。樹々の芽吹きの変化がよく分かる

八合目付近からの眺望

登山道の下にはまだ雪も残っている

山頂へと続く木道

山頂からは360度の展望

下り木道の一部はまだ雪に埋もれている

真下に見える麓

Copyright(c) 2013 高所恐怖症の山歩き All Rights Reserved.