エコハイクでとち谷〜岩湧山〜すぎこだちの道

2009-04-18

boo

1週間前の日曜日の編笠山〜一徳防山三角点ハイクにつづいて今日も交通手段は自分の足だけ。家を出て山に登って家に帰り着くまで歩くのが本来の登山の姿で、正真正銘のエコハイクだと自画自賛。前回とほぼ同じコースで岩湧の森を目指すが、岩湧の森の手前で林道流谷線を天見方面に進む。しばらく登ると林道とち谷線が分岐しているので右折。左手の渓流には小さな滝が連続して現れ、林道歩きとしては雰囲気はいいし、舗装路をどんどん登っていくが、落ち葉や枯れ枝が敷き詰められてクッションとなって歩きやすい。

直進すると岩湧の森、林道流谷線へは左折する

林道流谷線から右折して林道とち谷線へと入っていく

舗装路が途切れ渓流を右手に見るようになるとすぐに林道を離れ渡渉して山道に入る。しばらくは植林帯の中、あまり人の踏み込まない道をクモの巣に悩まされながらの登りが続く。小ピークを過ぎて下草のなくなった杉林の中を進むと、左手が明るくなり自然林が広がる。しばらく進むと右手の植林帯も自然林となって芽吹きの始まった林の中の尾根の素晴らしい雰囲気の道となる。樹間越しに左手には岩湧山から水越峠に至る山並みが、右手には大阪平野も見え隠れして明るい自然林の中の道がしばらくつづく。

五つ辻へは左に保安林の標識、右手に赤いペンキの木が目印で右の渓流を渡る

ここを渡渉して左の山道へと進む

しばらくは植林帯の中

だんだんと下草がなくなり、蜘蛛の巣からも解放される

自然林の中の尾根道

五つ辻手前では登山道から離れて林の中に踏み込むと色鮮やかな芽吹きの中に山桜とその向こうに広がる眺望が見事で、そのまま岩湧寺からのいにしえの道との合流点までは道を外れるのが楽しい。ここから岩湧山までは1ヶ所ちょっとしんどい階段を残すのみ。ルンルン気分での歩きがつづく。今日の一番の目当ては山歩きではなく、ワラビ採り。岩湧山山頂近くではあっちにうろうろ、こっちにうろうろしてワラビを探す。今年も山焼きされていないせいかどうか、あまり採れない。とりあえず山頂で昼飯としよう。

右手に大阪平野が垣間見れるのだが・・・

鮮やかな新芽の中に山桜が満開

山頂は丁度お昼時とあってたくさんの登山者で賑わっている。単独行の気軽さで少し離れた山肌に陣取って、二上山から金剛山の山並みと眼下に広がる大阪平野をおかずに握り飯をパクツク。それにしてもワラビが期待したほど採れなかったので岩湧山は諦めて、「きゅうざかの道」を下り、「すぎこだちの道」へ入る。長〜い階段を下ると、金剛山や岩湧山、四季彩館の眺められる尾根筋が開けており、この辺り一帯にワラビがたくさんあったはずとウロウロキョロキョロ。やった! ここでたくさんのワラビをゲット。おまけにスカンポも少し摘んで、意気揚々と家路へと着いたのであります。明日はワラビご飯と卵とじ、天ぷら、お浸しと、ワラビ尽しの晩飯だ。

岩湧山山頂にはたくさんの人が

金剛山と大和葛城山(左)

「きゅうざかの道」も新緑の森の中

Copyright(c) 2013 高所恐怖症の山歩き All Rights Reserved.