桜を求めて天野山金剛寺と府営長野公園・天野山

2009-04-08

boo

河内長野駅11時。長野公園か河合寺で満開の桜を楽しんで帰るつもりだったが、つい陽気に誘われて天野山金剛寺まで足を伸ばしてみる気になった。途中、オークワで缶ビールとお茶、おにぎり、唐揚げを仕入れて旧170号線を歩く。道は狭くて歩道がほとんどないところに交通量は多い・・・とてもウォーキングに好ましい道ではない。車側から見ても迷惑な歩行者であろう。天野公民館辺りからは桜も増えて、天野山金剛寺へ右折して入る対面に府営長野公園・天野山展望台への入口を見つける。時計を見れば12時12分。展望台で昼飯にしようと、登る。最初は急な登りで尾根に着いてしばらく歩くと登り口から10分ほどで展望台。しかし、期待したほどの眺めではない。桜の気配もない。

天野山展望台への入口。最初は舗装された急坂

展望台まで10分ほど。周りにはミツバツツジがちょうど満開

ここで食べるのは諦めて元来た道を下り天野山金剛寺へ。こちらは桜満開だ。渓流と白壁に沿って植えられた満開の桜と舞い散る花びらが別世界に紛れ込んだような錯覚に陥らせる。しばらく散策したが、弁当を広げるに恰好の場所が見つからない。すでに1時前。金剛寺から出て長野公園キャンプ場のベンチで芽吹いたモミジに囲まれて食べようと腰を降ろしたが、隣のスダレ工場から排気される煙に興を醒まされ、結局、先ほどの登り口の反対側から再度展望台へ向かう。過度の期待を捨てると、なかなか落ち着いたいい雰囲気の展望台で、のんびりと缶ビール片手にランチタイムを楽しめた。帰り道、中日野辺りではワラビ採りのご婦人に出会ったが、これだけ暖かくなれば今年のワラビ採りの日程を早めなくてはならないようだ。

天野山金剛寺

外環状線滝畑ランプの登り口から展望台に向かう。旗倉山が優美

展望台再見。こちらからの登りは舗装された道

Copyright(c) 2013 高所恐怖症の山歩き All Rights Reserved.