弘川寺さくら祭で弘川城址巨石とさくら周遊路

2009-04-05

boo

長い花冷えも終わって河内長野市内も満開のさくらで春爛漫の装いであるが、今日は河南町にある、桜をこよなく愛した西行法師終焉の地・弘川寺の桜を愛でて大和葛城山へ登ろうと出かける。今日はちょうど弘川寺ではさくら祭が催されて寺の駐車場には入れず、手前の河内小学校グラウンドに誘導される。マイクロバスがピストン運転していたが、弘川寺は目と鼻の先。もちろん、歩いて移動。なるほど、大層な人出である。大和葛城山へはトイレ横の展望の道を登っていけばいいのだが、弘川城址巨石というのがあるらしいので、そちらのコースを取ることに。まずは境内に入って隅屋ざくらという枝垂桜を見て、山門の対面にある細い舗装された道を上がる。西行堂から奥の周遊路の桜は帰りの楽しみに残しておこう。

山門の対面にある細い舗装された道。ここが弘川城址への登り口

道はすぐに左右に分かれる。ここは右に行って階段を上る。新芽も吹き出して里山のいい雰囲気の登り道がつづく。しばらく登ると右手展望が開けるが霞んでいるのが残念だ。また道は左右に分かれる。左へ行くと展望の道に行ってしまいそうなので、ここは右。落ち葉に敷き詰められた小道にはすみれもたくさん咲いており、春らしい雰囲気がいっぱいに感じられる。

ヤマツツジの咲く頃はきっと素晴らしいだろう

展望が開けるが、視界は思ったほどスッキリとしない

この分岐は右へ

小振りの岩を左右に見て落ち葉を踏みしめながら登り続けると標識の無い分岐に出る。とりあえず右に行ってみる。すぐ先に鉄塔29が見えて、鉄塔下からの展望を楽しみに登ると、さらに道は奥へとつづいている。この道が正解かと進むと山腹で突き当たり、とりあえず左に。山腹を巻いて少し進むと弘川城址の標識。標識に導かれて登り切ったところは小広く伐採されたピークで、澄み渡った日の展望はさぞかし良かろうと思われる。

落ち葉を踏みしめて、気持ちいい自然林がつづく

分岐。左が「弘川城址への道」。右に行くと鉄塔29

分岐。左は弘川城址のピークへ。右へ行くと弘川城址巨石

山腹を直進すると標識に出会う。さらに直進

右斜めに直進すると展望の道から葛城山へ。ピークへは右の階段を上る

ちょうど作業されている方に話を伺うと、ここが弘川城址らしい。今日は記念の植樹祭があってあと1時間足らずでたくさんの人がここに登ってくるそうだ。巨石の位置を尋ねると、さきほど山腹で突き当たったところを右に行くらしい。また、「弘川城址への道」といわれているのは、鉄塔29をくぐるのではなく、その手前の分岐を左に行くのが正解だったようだ。弘川寺から弘川城址のピークまで約50分。水越峠から葛城山に登るのとさほど変わらない時間と疲労感がある。

階段を上ると、弘川城址ピーク

ピークからの展望。霞んでよく見渡せないのが残念

弘川城址巨石の位置を教えてもらったので、元来た道を引き返す。山腹をぐるりと巻くとすぐに左手に大きな岩がある。正面には弘川城址と彫られてある。この前を真っすぐに進む道もあって、このまま先に進むのが葛城山への近道であり楽な道だったようだが、ピークの下に展望の道への標識があったのでそこまでまた戻ることにした。そこから展望の道まではアップダウンのある薄暗い植林帯を抜ける。展望の道に出ると案内板があって、遠回りをしてしまったようだ。ここで右に取ると葛城山なのだが、少し行くと林道になって山頂までだらだらと舗装路を歩かなくてはならない。今日のこのお天気では見晴らしも期待できそうにない。と、マイナスオーラが出てしまったので、左:展望の道を下る。

弘川城址巨石。葛城山へはこの前を真っすぐに行くのが正解だったようだ

弘川城址と彫られている

アップダウンを繰り返すと展望の道の案内板。右:葛城山

展望の道からの見晴らし

展望の道から「すぎ・ひのきの道」へ入る。このまま下ると弘川寺の「さくら周遊路」に出るはずだ。麓に近付くにつれ下からの賑やかな雰囲気が伝わってくる。何人かの人とも擦れ違うようになって、周遊路に降り立つとそこは家族連れ、カップル。グループ、アマチュアカメラマンなどで華やいでいる別世界だ。11時を少し過ぎたところだがもうあちらこちらでお弁当が広げられ、穏やかな日曜の春を楽しんでいる。

落ち葉で階段の境目が分からない。下りは滑りやすく注意

麓に近付くと芽吹き出した木が多くなる

「さくら周遊路」の西行庵跡。この辺りから桜が目につくようになる

「さくら周遊路」の桜はまだ五分咲きといったところだろうか。それでもスケールは小さいながらも吉野山を彷彿とさせる風情がある。西行庵跡から少し下ったところで斜面の凹地に腰を降ろして早いお昼ご飯とする。風もなく穏やかで正面に桜を見据えてのランチタイムは至福の一時で、粗末なお弁当も絶品の味へと変える魔法の調味料・・・だろう。のんびりと花見は楽しめたが、予定よりも数時間は早い帰還となった。

西行堂

イベント会場

隅屋ざくら

Copyright(c) 2013 高所恐怖症の山歩き All Rights Reserved.