二上山でお腹いっぱい

2009-03-15

boo

道の駅「ふたかみパーク 當麻」は好天に恵まれて多くの車でごった返している。建物改装中で駐車場の一角が仮店舗でスペースを取られているのもその一因だが、来週には改装なった新店舗に移るそうだ。ここから二上山・雌岳(474m)までは祐泉寺経由で往復2時間ほどの手頃なハイキングコースで、山頂からの360度の素晴らしい見晴らしや自然林一杯の中のコースが楽しみを倍加してくれる。仮設売店で名物「小麦餅」3個入りを食後のデザートに買い込み、菜の花や紅梅・白梅を見ながらのんびりとスタート。傘堂を過ぎ公園を抜けるが、昨日の大雨で水かさがまして飛び石伝いの小川がさながら渓流の渡渉状態になっている。祐泉寺から馬の背に向かうが、途中、新しいベンチやシシ脅しも作られている。馬の背までは少しの区間だがなかなかにきつい登りで、汗がどっと吹き出てくる。馬の背で家内と別れ、雄岳(517m)往復。以前に何回も見かけた葛木坐二上神社前の入山料徴収係の姿は見えなかった。

昨日の雨で水量豊富

渓流の傍らに石仏

苔むした岩

雄岳山腹から見る雌岳

葛木坐二上神社

雌岳山頂は丁度お昼時間とあってたくさんのお弁当が広げられている。我々は奈良盆地を目の前にチキンラーメンとお弁当と小麦餅1個半を平らげて飽食状態。ダイエットどころか肥満のために歩いてきたようなものだ。帰りは岩屋から祐泉寺へと向かうがこの下りからの眺望がまた素晴らしい。金剛・葛城山、大阪平野とその向こうに広がる大阪湾から六甲の山並み、奈良盆地から遠く雪を抱いた大峰の山々が正面に立ち替わり立ち替わり現れては高度を下げていく。こちらの道にも新しいベンチとシシ脅しなど作られていて、作業用のノコが残されていたのをみると、一人の力でここまで整備されたのだろうか。桜満開の二上山はまた素晴らしいものがあるだろう。もうすぐだ。

大阪平野。少し霞んでいて大阪湾や六甲は視認できなかった

岩橋山、大和葛城山、金剛山と連なる

大和三山・畝傍山がよく見える

肉眼では遠く雪を抱いた大峰の山並みが見えるのだが・・・

Copyright(c) 2013 高所恐怖症の山歩き All Rights Reserved.