たっぷりの雪に大人4人が大はしゃぎした金剛山

2009-01-11

boo

昨日は河内長野でも3時頃から雪が降り出してみるみる間に薄らと雪化粧した。金剛山には今年一番の大雪になったはずで、これは万難を排してでも行かぬ訳にはならない。途中の道路状況を気にしつつ水越峠へと向かう。観心寺辺りはかなり雪が見られたが、309号線は予想を裏切って青崩まで雪の気配が全くない。家を出る時は岩湧山から一徳防山にかけては麓まで雪に覆われていたのでそれなりの覚悟をしていたが、これはラッキー! 9時30分、青崩のトイレ周辺は車で埋まっている。ここから水越峠まで歩くのは辛いのでさらに上へ。公共駐車場を右手に見送ってバス停のカーブを曲がるとかなりヤバイ雰囲気になる。戻ってバス停横の駐車場に停めるが、普段ならいっぱいなのに今日はガラガラ。水越峠まで行くとそのあたりだけアイスバーン状態で、停まっている車は数えるほどしかない。青崩のトイレ周辺の混雑振りに比べると空いていて気持ちがいい。

ダイトレ・ガンドガコバ林道でもこんな雪の中

ガンドガコバ林道は水越峠からすでにアイゼンを付けようかというほどで、一面銀世界の中を単調な林道歩きから解放されて気分よく歩ける。カヤンボの休憩所に寄り道して小休止。さすがに今日はダイトレを歩く人もまばらだ。ガンドガコバ林道に戻って太尾塞跡を目指す。このルートは太尾塞跡までほとんど階段もなく緩傾斜の坂道がつづく。途中大和葛城山が見通せたり、自然林の中、杉林の中と景色の変化もあり、ほとんど人とも出会わないのんびりと歩ける積雪時にはなかなかの好ルートだと思う。太尾塞跡からは太尾道と合流してここからも雰囲気のいい道だ。擦れ違う人も多くなり、霧氷に彩られた林の中を進む。六道の辻を過ぎると大日岳はもう目の前。風も強くなり寒さも厳しくなる。

ガンドガコバルートから大和葛城山を展望

ひっそりとしたガンドガコバルート

六道の辻を過ぎて

大日岳手前の階段。坂道になっている

大日岳は東西の展望が開け静かないい場所だ。今日は大峰山系は望めないが深い深い雪に包まれていることだろう。西は大阪湾から六甲までよく見渡せる。空気が澄んで大阪平野に密集する建物群が一つ一つ手に取れるように見える。あとはほぼ平坦な道のりを国見城跡まで10分足らず。

登り切ると大日岳

大日岳から奈良側の平野部は見渡せるが大峰山系は雲の中

大阪側は奇麗に見える(写真では腕が悪いのでよく見えない)

大日岳で。霧氷の背景は青空がいい

ここまでのんびりと休み休み来たので2時間半もかかってしまい、まずはトイレに行こうと売店横からメイン通りに出ると大変な賑わいだ。トイレも長蛇の列で、ベンチも埋め尽くされている。結局10分以上手間取ってやっと確保したベンチを囲んでラーメンパーティー。厳寒に震えながらも食べるチキンラーメン+ゆで卵はお手軽にして絶品の味。下山は太尾東尾根を駐車場の所に戻るつもりだったが、時間はかかっても人通りも少なく膝の負担も少ないガンドガコバルートに。河内長野まで戻ってくると西日を受けた金剛山が真っ白に輝いていた。

国見城跡より一段したの広場でやっとベンチを確保

かまくらはさらに巨大に

転法輪寺

Copyright(c) 2013 高所恐怖症の山歩き All Rights Reserved.