橋本の新年会に金剛山(千早本道〜天ヶ滝新道)を越えて

2009-01-03

boo

昨日2日、時折雲の切れ間から見える金剛山の麓は雪で真っ白。霧氷シーズン到来!です。今日は家から歩いて金剛山経由で奈良側に下って橋本の親戚宅で新年会に参加の予定。登山口まで1時間40分の舗装路をバス3台に抜かれて11時から登り出す。千早神社に寄り道して初詣。ここは誰もいない静かな雰囲気。千早本道に戻ると登り下りの人の切れ目がない。茶屋跡のベンチ脇でアイゼンを着けると、徐々に雪は深くなり一面の銀世界へと入っていく。

千早神社はひっそりと静まり返っている

千早本道

山頂は雲がかかりあまり展望はよくないが…

雲の切れ間から…。左上にはPLの塔

満開の冬の花

国見城跡は子供たちがいっぱい

時折日が射すと霧氷が輝く。大阪湾も少し顔を覗かせてくれる

荘厳な雪景色

山頂からの展望を堪能して、転法輪寺に参拝。ダイトレを伏見峠に向かう。途中の展望台に立ちよって360度を見渡して天ヶ滝新道へと下れば、植林帯の中をひたすら麓に向かって下るのみ。山麓線へは集落の途中から大峰、護摩檀山、高野山と連なる山並みが正面に望まれての快適な下り。これからありつく酒の味はまた格別だろう。新年あけましておめでとうございます。

大和葛城山も見え隠れ

ダイトレを伏見峠に向かう

展望台下のダイトレから奈良側の眺望

展望台から

天ヶ滝新道を下ると、正面は高野の山並み

Copyright(c) 2013 高所恐怖症の山歩き All Rights Reserved.