小グループで金剛山(木馬道〜久留野峠)

2008-11-02

boo

今日は団体行動。行き先は紅葉真っ盛りのはずの金剛山。落ち合う場所は最奥の府営駐車場。分かりやすいのと連休真っただ中でも午前中の早い時間帯はガラガラだろうとの読み。金剛山の有料駐車場を利用するのは久しぶりのこと、つまりは車で千早側に入るのは久しぶり。マス釣り場付近のもみじもちらほらと色付いてきた。駐車場に降り立つと冷気が身体を包む。予定より大幅に遅れ10時前に出発。伏見峠への林道を進み、木馬道へと入る。初めてのコースなので楽しみだ。シルバーコースともいわれ金剛山頂へは最も早い楽なコースだそうだ。伏見峠への林道を進んでいた人のほとんどがこのコースに入ったほどの人気振りにはちょっと驚かされた。時折急傾斜や足下の悪い所もあるが、概ね歩きやすくて変化に富んでいて周りには自然林もいっぱい残っている。人気コースなのも頷けるというもの。

シルバーコース入口の滝

たくさんの登山者がシルバーコースを辿る

見上げれば色付き始めた雑木林

沢沿いに、また沢の中を進む

ロープウェイ乗場からの遊歩道の紅葉

国見城跡の広場はお昼ご飯を楽しむ人、人、人で埋め尽くされている。休憩後転法輪寺にお参りして神社裏の周回路を通るともみじ谷は幾分色付いている。紅葉真っ盛りはもう少し先のよう。伏見峠を過ぎると人通りもめっきりと減り、静かな山行。中葛城山から高谷山までのダイトレから五條市街を俯瞰するのを楽しみにしていたが、時間の都合で久留野峠から下山。ここも初めてのコースで笹薮を掻き分けて踏み込んだ時は期待したが、少しの急階段を下るとあとはほとんど舗装された林道をひたすら下るのみ。エスケープルートとしては重宝できそうだが、正規コースとしては登りにも下りにも利用したくはないと思った。

国見城跡の広場。展望は霞んで遠くまでは見渡せない

伏見峠を越えると喧噪から離れて静かな山歩きが楽しめる

久留野峠からの下り

Copyright(c) 2013 高所恐怖症の山歩き All Rights Reserved.