紅葉見事な大台ケ原へ

2008-10-18

boo

大台ケ原ビジターセンター前駐車場(7:15)〜シオカラ谷〜大蛇グラ〜牛石ヶ原〜尾鷲辻〜正木峠〜日出ヶ岳〜駐車場(12:20)〜苔探勝路〜駐車場(1:00)

大台ケ原ドライブウェイから雲海

前日の読売新聞夕刊に大台ケ原の紅葉が見頃を迎えているという記事に誘われて、早起き。ビジターセンター前の駐車場には7時過ぎに着いたが、それでも7〜8割がたは埋まっている。思ったよりは寒くない。日出ヶ岳から大蛇グラへと回るコースだと多分大蛇グラでは大渋滞すると思い、まずシオカラ谷へと下る。石畳の濡れた道は滑りやすく、へっぴり腰は余計に危険と分かってはいても腰が引けている。シオカラ谷では河原に降りたかったが、休憩するには早いのでシャクナゲの急坂路を登る。逆コースなら弁当を広げたい所だ。

シオカラ谷

大蛇グラ分岐の手前

大蛇グラは思った通り、先客は1名。時間が立つにつれ大渋滞で先端に立つことは難しくなる。といっても、実は私は高所恐怖症。大蛇グラ分岐で家内と別れ尾鷲辻のベンチでコーヒーを入れて家内を待つ。ベンチまでの途中反対方向からたくさんの人と擦れ違ったので少し遅いと大蛇グラは混雑していただろうとコース選択に満足。家内と合流して正木峠へ。青空が広がり、展望は雄大で黄葉と赤葉の入り混じった紅葉も素晴らしい。熊野灘も見えることを期待したが、残念ながらこちらはお預け。

大蛇グラから

大峰の山並み

正木峠への木製階段から振り返って

朝早く出てお腹が空いたので日出ヶ岳で早いランチに。11時を過ぎて日出ヶ岳から駐車場に戻る道はまだまだたくさんの人が日出ヶ岳を目指して登ってくる。団体ツアーらしき集団2組と擦れ違ったが、2列になって堂々と行進してくるのは困ったものだ。主催者がもっと気を使うべきだろう。さて、帰るにはまだ早いのでビジターセンターに寄る。なかなかに楽しい。時間があればちょっと覗いてみるのもいい。苔探勝路は本通りの喧噪を忘れて静かに歩けるいいコースだった。

日出ヶ岳の展望台

時間が余ったので苔探勝路へ

Copyright(c) 2013 高所恐怖症の山歩き All Rights Reserved.