家内のリハビリ登山に滝畑〜岩湧山〜岩湧寺〜滝畑

2008-10-12

boo

天気予報の晴れマークに誘われて、また、家内のリハビリには滝畑から岩湧山のコースがよかろうと滝畑ダム駐車場に着いたのが9時少し前。すでに10台以上の車が停まっている。1000円の駐車料を節約して登山口まで40分近くダム沿いに歩かなければならないが、途中、岩湧山、扇山、上山、猿子城山、ダム湖の釣り人(ゴムボートまで浮いている)などの風景で飽きることはない。帰りも往復せずに岩湧寺に下り林道経由で一周コースもいい。登山口手前ではちょうど河内長野からのバスが着いたが、ほぼ満車状態でどんどん登山客が吐き出されてくる。連休のこの時期、岩湧山は人気スポットだ。

滝畑ダム。少し水量不足?

ダム湖に沿って

岩湧山の西に位置する扇山

左:上山、右:猿子城山

河川敷ではすでにバーベキューが始まっていた

抜きつ抜かれつするほど、今日の滝畑からのアプローチは他の人の影を見ないということは、ない。南葛城山の勇姿を右手に見る展望雄大なポイントは気持ちがいいし、杉の植林域に入ると冷気が身を包んでほてった身体を冷やしてくれる。長い階段をこなした所のベンチで小休止して、自然林の中の爽やかな道を過ぎ、杉林を越すと目の前がパッと開ける。斜面一面のススキに圧倒されるが、もう少し穂が開いた頃が迫力満点だろう。山頂までの長い階段が最後の試練として待ち受けているが、登り振り返るごとに景色の変化するパノラマに感嘆の声を上げているうちに山頂広場に着いてしまう。階段の両脇は奇麗に草刈りされて歩きやすくなったが、ススキの中を掻き分け掻き分け進む醍醐味が失われたのは残念だった。

滝畑からのアプローチは自然林豊富な道

千石谷を挟んで南葛城山

家内には少し待ってもらってここから扇山を偵察に

歩きやすくなったが醍醐味の失われた階段周りの整備

ススキの中のベンチ

遠くは秀麗な山容の三国山

さすがに山頂広場のベンチは空きがない。11時を過ぎた頃というのにみなさんそれぞれの趣のあるお弁当を広げてランチタイムを楽しんでいる。我々夫婦もシートを広げて陣を取る。今日は六甲や関空は見えるが全体に霞んでいるのかあまり冴えた見通しではない。遠くまでは見えるのだが、ぼんやりとしているのだ。岩湧寺へは「いわわきの道」では人が多そうな感じがして「きゅうざかの道」から下山。前日の雨で滑りやすくなって慎重に下る。ここは、登るほうが楽。

賑わいの山頂広場

肉眼ではそこそこ見えるが、腕とカメラがよくないせいか・・・

奥は金剛山とその左に大和葛城山

奥に大峰の峰々が、シルエットのように奇麗に見えた

林道加賀田滝畑線まで下って、思案。四季彩館で休憩するつもりだったが、また登り戻さないといけないので、このまま滝畑ダムまで行くことにする。林道は少し登って編笠山と「すぎこだちの道」への分岐を過ぎるとあとは下り坂が延々と続く。単調だが時折、断崖絶壁や岩湧山が顔を覗かせてくれたりする。途中での栗拾いを楽しみにしていたが、林道沿いには全く落ちていない。横谷の集落手前には3,4本の栗の木があったが、すでにほとんど落ち尽くしている。横谷の集落を過ぎれば横谷川の清流に沿って権現滝の轟音を聞きながら滝尻に着く。ここから滝畑ダム駐車場までは最後の登りを我慢してあとわずかの道のり。駐車場代1000円節約以上の楽しい歩きとなった。

林道加賀田滝畑線を下る

林道加賀田滝畑線から岩湧山

右:横谷から滝尻、直進:梨の木トンネルから滝畑ダム、左:ネバシ谷

滝尻から滝畑ダムと扇山

Copyright(c) 2013 高所恐怖症の山歩き All Rights Reserved.