延命寺観心寺ハイキングコースの群生

2008-08-05

boo

延命寺観心寺ハイキングコースの林間は天然のクーラーといっていいほどに、一歩足を踏み入れるとひんやりとした冷気に包まれる。延命寺側から登り出すと林床には写真のような白い花の群生がところどころに広がっている。結実すると黒い小さな実が成ると記憶しているが、名前は知らない。1株、2株点在しているだけだとそれほど目に留まるものでもないが、群生しているとなかなかの景観で、この時季の楽しみとなっている。それにしても、今日は暑かった。

※後日、この花の名前を教えていただいた。「ヤブミョウガ」といって、ミョウガに似ているから付けられた名前だそうだが、似て非なるもので食用にはならない。「暖地の林縁などに自生して湿気の多い土地を好み地下茎を伸ばして群生する」とあるので、条件はピッタシの場所である。実は濃い青紫色とあるので、黒と思っていたのは注意力が足りないせいか、老眼のためか。

Copyright(c) 2013 高所恐怖症の山歩き All Rights Reserved.