岩湧山のササユリとヤマアジサイ

2008-06-28

boo

今日は午前中は雨に出会いそうにないみたい。岩湧山のササユリとヤマアジサイが見頃だと聞いたので出かけてみた。8時半のこの梅雨の季節にも拘らず岩湧の森の駐車場にはかなりの車が停まっている。水量いっぱいで見応えのある行者の滝を見て、岩湧寺からはきゅうざかの道を登る。時折ぽつりぽつりとササユリが咲いており、芳しい香りも漂ってくる。

四季彩館近くのアジサイも今が見頃(左)、編笠山を見渡せると、ササユリも見られるようになった(右)

鞍部のトイレから山頂に至るまでは階段沿いから茂みの中にかけて至る所でササユリが咲き誇っている。いつもなら喘ぎ喘ぎ登る単調な階段も、しんどさも忘れて知らぬ間に登り切ってしまった。

きゅうざかの道の自然林の中は目には気持ちいい(左)、トイレ近くのヤマアジサイの群生(右)

ノイチゴ、美味しそう!(左)、オカトラノオ…だったかな?(右)

ササユリの競艶にうっとりと見とれていたので山頂広場に着いたのは10時少し前。朝まだ早いと思うのに5,6組の登山客で賑わっている。山頂からの展望は霞んでいるが、雨に降られないだけでも良しとせねばなるまい。

お昼ご飯は家で食べようと、山頂広場では小休止していわわきの道から下山。こちらはヤマアジサイが辺り一面に咲いている。壮観で奇麗なのだが、雨の後は水はけが悪いせいか道が川のようになっているところもあったり、岩や木が滑りやすく歩くのに神経を使う。駐車場に戻ったのは11時半頃で3時間ほど岩湧山で遊ばせてもらったが、これから登り始める人もたくさん見かけた。家に帰り着いた頃には雨が降り出していたので、あの時から登り始めた人は大変だったろうなと思う。とにかく、岩湧山のササユリとヤマアジサイは見事だった。

いわわきの道はとにかくヤマアジサイが楽しめる

Copyright(c) 2013 高所恐怖症の山歩き All Rights Reserved.