栃谷から五つ辻、岩湧山へ

2008-06-07

boo

地図を眺めていると、栃谷から五つ辻への道は滝が連続とある。先日来の雨で沢の水も増えているのでこの初めての道を登ってみる気になった。7時30分に家を出て、林道入口に取り付いたのはちょうど9時。少し曇り空で蒸し暑い。途中、あざみとユキノシタがよく目につく。加賀田川もいつもより水量が多そうで期待が持てる。行司河原分岐から林道流谷線に入ってしばらく登ると右手に「林道とち谷線」の黄色い標識があって道が続いているようだが草が生い茂って入っていく気になれない。逡巡してふと上のほうに目をやると少し先で林道は二股に分かれているようだ。そこには「林道トチ谷線」の標識があって沢沿いに舗装路が続いている。どうもこちらが正解らしい。「とち谷」と「トチ谷」の表記に意味の違いがあるのかどうかは分からないが紛らわしいので注意(迂闊な己に自戒の意味で)。

行司河原分岐。真っすぐ行くと四季彩館〜岩湧山、左の天見方面へ進む(左)、少し先で二股に分岐。左は林道流谷線で天見へ、五つ辻へは右に入る(右)

左に栃(トチ・とち)谷を見て舗装路をすすむ。最初は緩い登りだが、急にかなりきつい登りになる。しかし、小さいが滝壺のはっきりとある小滝の連続と川の流れのこだまする音が目と耳に心地よい。

林道とち谷線

左側には小滝の連続

飽きることのない小滝の連続に歓声を上げテンションを上げ林道を奥へと進む。

橋を越え沢を右手に見るようになると「保安林」の黄色い標識が左手に、その右手の杉の幹に赤いテープが巻かれているのを目印に、沢を渡る。沢の向こうには細い山道が確認される。今日は水量が多く一飛びでは無理と思ったので大きめの石を飛び石代わりに沢の中程に配置したがちょっとバランスを崩して危ないところだった。

左に「保安林」の黄色い標識、右に赤いテープが目印(左)、この沢を越えれば向こうに小径が続いている(右)

沢を越えると道も細く、沢とも離れ、登りもきつく、ところどころではブッシュとクモの巣に悩まされる。植林帯をしばらく登ると左側が自然林に変わり、さらに周り一面自然林の中の素晴らしく気持ちのいい道に変わる。紅葉時期、芽吹きの時期はとてもきれいだろう。

茂みの深くなりつつある細い道

シダに足下が覆われているところも(左)、ブッシュ、は、好きじゃない(右)

左側に自然林が広がり出した、気分も昂揚

しばらく自然林の中を新緑を楽しみつつ進むと、また植林帯に変わって右手に新しい伐採後を見れば、すぐに五つ辻でダイトレ合流となる。沢を渡ったところから五つ辻まではほとんど迷うことのない道で、流谷線からの砥石谷やアシ谷のコースに比べてこのとち谷コースが一番歩くのに楽しい気がした。

周り一面の自然林の中を森林浴

五つ辻のベンチが見えてきた

五つ辻10時。ここで小休止してあんぱん補給。さて、ここから阿弥陀山に登るつもりだったが、登山道は茂みに覆われている。弱気になって断念。秋から春先にかけての楽しみに残しておくことにして、岩湧山を目指す。五つ辻からいわわきの道出合にかけての北斜面が伐採されて大変見通しがよくなっている。今日は霞んで遠望がよくないのは残念だが、ダイトレを歩く楽しみがまた一つ増えた。

右へ岩湧山、左は三合目、柵の裏から阿弥陀山への登山道がある(左)、阿弥陀山からは岩湧山の眺望がいいらしいのだが・・・(右)

五つ辻付近は伐採されて眺望がよくなったが、今日は霞んでいる

30分ほど歩いて岩湧山山頂。やはり、見通しはよくない。11時にはまだまだだが、おにぎりとコーヒーでランチタイム。

この茂みの中に入ってワラビ取りしている人がかなりいた(左)、金剛山は霞んでいる(右)

三国山も少し霞んでいる

帰りはきゅうざかの道からいにしえの道。途中で千手の滝、不動の滝の標識に誘われて入ってみたが、なかなかの景観。少し入るだけなので、ここはおすすめの場所。イオン効果抜群だ。ガソリン高騰の折り、帰りも家まで歩くつもりだったが、この蒸し暑さと帰り道のつまらなさに辟易して神納のバス停まで迎えに来てもらう。ちょっと残念な締めとなってしまった。

きゅうざかの道の新緑

岩湧寺多宝塔(左)、千手の滝、不動の滝への標識(右)

千手の滝、不動の滝、行者の滝

Copyright(c) 2013 高所恐怖症の山歩き All Rights Reserved.