一徳防山三角点〜編笠山リベンジ

2008-04-29

boo

中山谷から二ノ坂峠へのアプローチが通行止めになったので、大ザオ谷に沿う林道ナメシ谷線から二ノ坂峠への道を探すのと、前回編笠山へ道迷いしたリベンジを果たすべく娘の出勤時間に合わせて家内に南花台の日野浄水場前まで送ってもらった。浄水場を出た突き当たりを右に取れば旗倉山から一徳防山山頂だが、二ノ坂峠からの尾根道が大変気に入ったので林道ナメシ谷線からの取り付き道を確保しておきたい。突き当たりを左へ行けば大ザオ谷の清流に沿って林道を奥へと進む。

日野浄水場を出て突き当たりを左へ(左)、林道ナメシ谷線を大ザオ谷に沿って進む(右)

左手に赤テープの目印があると聞いていたのでそれを探しながら浄水場から30分ほど歩いた頃、二つの赤テープが巻き付けてあるのを見つける。確かに踏み跡があるがかなりの急斜面。とにかく登ってみよう、ダメなら引き返すだけ。しかし、確かな踏み跡はすぐに消え、立木に掴まらないと登れそうもない急斜面。結論からいうとすぐに引き戻り先に進んで別のテープを探すべきだったが、この道が正しいのかもしれないし、このまま進めば尾根に出そうな感じ。遮二無二登り切るとブッシュだが下には踏み跡がある。さらに進めば・・・しっかりとした道に出た!

赤テープに誘われてここを登ったが、結局は間違った箇所に出る(左)、ブッシュ。ここを抜けるとしっかりした道が現れる(右)

ここまで林道から15分。出たのはいいが、見覚えのない雰囲気。左側が明るいので景色が見渡せるかと行ってみたら、大矢船の奥にあるゴルフの打ちっぱなし(河内長野ゴルフセンター)が真下に見える。二ノ坂峠のかなり手前に登って来たようだ。一徳防山から降りてくると、二ノ坂峠で右:中山谷、左:大ザオ谷の道標があったと思うが直進は書いていなかった。その直進の道にいるようだと見当はついたが、この道を北に向かうと大矢船のどこかに出るのだろうか? この辺りは全く荒れていないので、気になる道だ。後日確かめてみようと思う。

真下に河内長野ゴルフセンター

さて、合流した地点に戻って真っすぐ行く。少し下りで5分も歩けば、二ノ坂峠に着いた。林道ナメシ谷線をもう少し先まで歩けば良かったとは、後の祭り。もっとも、その道が歩きやすいとは限らないが。これも今度探してみよう。二ノ坂峠からは自然林の中、樹木がなければ左右が切り立って怖いくらいのヤセ尾根を気持ちよく歩く。ミツバツツジはほとんど終わり、ヤマツツジが蕾を膨らませて出番を待っている。新緑の黄緑が眼に優しい。

しっかりした道を少し下って行くと、二ノ坂峠。中山谷へは大きい通行止めの立て看板

新緑の中

一徳防山が見えてきた

二ノ坂峠から馬の背まで40分、左折して三角点を目指す。この辺りまだミツバツツジが少し残っている。松と雑木の混じったいい感じの尾根道を5分ほどで鉄塔横の小台地にある三角点。ここまで浄水場から1時間40分かかったことになる。20分ほど展望を楽しみながらあんぱん食べて小休止。今日も春霞がかかって市街地や金剛山方向の遠望は良くないが、岩湧山や滝畑の奥に連なる山並みの眺めは素晴らしい。

右:山頂、左:三角点

松と雑木の入り混じった平坦な尾根道

三角点のある小台地と向こうに一徳防山山頂

三角点直下鉄塔付近から手前に編笠山、奥は岩湧山

三角点直下鉄塔付近から槇尾山・猿子城山・上山の山並み

市街地の展望

さあ、編笠山を目指そう。まず長い下りが続く。少し平坦になって、ガレ場。右側が切れ落ちているが、ここからの眺望は素晴らしい。ミツバツツジもところどころに残っていて眼を楽しませてくれる。ここで、今日初めご夫婦と出会った。GWというのに。人気がないのかなー。さらにガレ場を越えて・・・

こういう道はあまり好きじゃない

ガレ場からは西方向の展望がいい。ミツバツツジもまだ彩りを添える

下を覗いてみると、ミツバツツジ

二つ目のガレ場

ここを過ぎて前回は迷って山腹を巻いてしまったのだが、迷った箇所が分かった。楽をして平坦なコースを取ったのが間違いで、ここは登って行かなきゃねー。

前回はこの赤テープと踏み跡がしっかりした右の道に誘い込まれてしまった。よく見るとまっすぐに登っていく踏み跡がある

長い上り坂だ。突き当たって分岐。左:タツガ岩とある。高いところは苦手だがとりあえず行ってみよう。少し下りの道を2,3分でタツガ岩。絶景だが下を覗き込む勇気も岩に立つ度胸もない。嫁さんは喜ぶだろーなー。

長い上り坂が続く(左)、ここを左に行けばタツガ岩。少しの距離なのでぜひ寄り道を(右)

タツガ岩。恐る恐る少しずつ前に

編笠山山頂まではここから5,6分。展望はないが、静かな落ち着いた雰囲気。ちょうど正面にミツバツツジが奇麗に咲いていたのと、11時30分を少し回っていたのでここでランチ。12時きっかりに腰を上げて下山開始。少し下れば送電線鉄塔下に出てここからの展望もなかなかいい。少し我慢してここでお昼にしてもよかった。さらに下れば前回山腹を巻いて出たところに合流。山頂から20分ほどですぎこだちの道との分岐点。この手前で本日3人目の登山者と出会った。

編笠山山頂。静かで落ち着ける(左)、編笠山山頂でミツバツツジを鑑賞しながらのランチタイム(右)

植林、自然林の変化ある道

編笠山からは右の道から降りてくる。前回は左の道から出てきてしまった

すぎこだちの道は少し階段を上るとあとは下るのみ。途中見晴らしのいい場所で3度目の休憩をしたが、平坦なところはこの少しの間のみ。登りには使いたくない道だが、下りには30分ほどの自然観察路といった感じで展望よし、自然林よしの気持ちいい道だ。すぎこだちの道を下ったところにあるP6駐車場からは舗装路歩き。家まで1時間10分の辛い道。早く帰って、風呂に浸かろー。

すぎこだちの道は標識完備の自然研究路(左)、延々と階段を下る(右)

展望のいい道に出る

展望のいい道からは岩湧山の山並みや四季彩館も

編笠山だ(左)、さらに下る(右)

岩湧の森入口のしゃくなげ

Copyright(c) 2013 高所恐怖症の山歩き All Rights Reserved.