国城山ピクニック

2008-04-27

boo

国城山(くにぎやま:標高552m)は橋本の人なら知らぬ人はないほどの有名な山だそうだ。橋本駅から6km程度、のんびりと2時間ほどの行程。国城山山頂は室生寺の五重の塔が被害を受けたあの時の台風で全山の杉林が倒壊し、今は伐採されて丸刈りになったあと植林されて少し以前の景観に戻りつつある。また国城神社周辺も整備され、菜の花が植えられていたりでいい雰囲気のピクニック広場となっている。

国城山(左)、お隣の三平神社への赤い鳥居(右)

和歌山は柿の産地。山全体に柿畑が広がる中を新緑に囲まれ緩い林道を歩く。今日の目当ては春の味覚・ワラビ採りと山頂下の広場での宴会である。国城山には車で入れるので一人が荷物を運ぶ。ペッボトルを1本持っただけの身軽なハイキング。シャガ、ヤマブキ、ヤマツツジが咲き、野いちごが実を付け出した中、舗装路歩きだが時々ワラビを見つけに斜面に登ったり、下ったりするので飽きることはない。

実をつけた野いちご(左)、国城神社への階段沿いにも菜の花が(右)

国城神社もトイレや社務所が新しく作られ階段も登りやすくなった。ここからの展望は雄大で、眼下に紀ノ川を望みその向こうには金剛山からダイトレの山並み、紀見峠の凹み、岩湧山、南葛城山、和泉葛城山が見渡せるのだが、今日はあいにくと霞がかかってうっすらとしか見えない。登山コースもあるようなので、見通しのいい時に登ってみたい山である。

ダイトレの山並みと右奥に金剛山

紀見峠の凹みの奥には旗尾岳、府庁山

岩湧山、南葛城山

紀ノ川を眼下に

Copyright(c) 2013 高所恐怖症の山歩き All Rights Reserved.