杉村公園〜三石山〜紀見峠駅

2008-03-15

boo

南海高野線御幸辻駅を9時30分にスタート。杉村公園郷土資料館を目指す。公園入口の案内板で丸尾橋の位置を確認して少し公園内の遊歩道を歩けば丸尾橋の赤い鉄柱とその向こうにはこれから目指す三石山の奇麗な山容を望むことができる。高所恐怖症の私はこの吊り橋を脇目も振らず前方一点に集中して震える脚で駆け抜けた。

丸尾橋を渡って、スタート

丸尾橋を渡ると標識は無いが三石山へと続くであろうとほぼ見当がつく細い山道を進む。途中左手に丸尾橋の奇麗なアーチが確認できるが、よく渡れたものだと我ながら感心する。深く考えるとまた膝が震えてきそうなので、とにかく進もう。しばらく行くと三石山への案内板があり、間違っていなかったことにホッとする。

このあたりヤマツツジがたくさん自生しているようで時季が来ればさぞかし奇麗だろうと思わせてくれる。途中ピンクのテープがやたら目につくようになり、ついそのテープに導かれているうちに倒木だらけの山道になってしまった。さらに進むと行き止まりでその前には果樹園が広がっている。左手の空き地は杉を伐採した跡で少し古くなった缶ビールの空き缶が数十個散乱している。ピンクのテープの正体はこの作業場に誘導するもののようだった。

15〜20分ほどロスして元に戻って冷静に見れば、素直に右の上り道を行けばいいので、また、あまりに多いテープの数に不審を感じずに左の道に導かれてしまった自分がおバカさんであった。あとはほぼ標識も迷いやすそうなところにはちゃんとあって自然林と杉の植林地の中を調子よく歩ける道だ。

山頂手前で少し急坂になるのと、深くえぐられたU字型の尾根道で展望が全く開けないのを我慢すればほとんど人とも出会わない静かな山歩きが楽しめるいいコースだと思う。(市販地図で展望よい尾根道とあるのに惹かれて出かけてみたが、どこが・・・? 気が付かなかったのかなー)

三石山山頂(右)

三石山山頂11時36分。途中ロスタイムがあったのでちょうどお弁当タイムだ。山頂の展望は何も無く日陰だったので少し岩湧山方向に下った陽当たりのいい場所に陣取る。紀見峠駅に向かうには急斜面を行くか岩湧山方向の緩斜面を行くか二通りあるようだ。岩湧山に行くのもいいかとチラと頭をかすめたが林道歩きになりそうなので、パス。

ちょうど50分間日だまりの中で休憩して12時27分、下山開始。さすがに急斜面とあるだけあって、急斜面だ。昨日の雨で濡れた木の根が滑って歩き辛い。しかしそれも15分ほどで、下ってしまえばあとは広い林道をタラタラと下るだけ。岩湧山へ行ったほうが面白かったかもしれないとは後悔先に立たず。

麓近くまで来ると脇道に三石山への指標が。この林道を歩かずに行けるものなら今度はヤマツツジの咲く頃に反対コースで行くのもよかろうと思う。それとも、御幸辻から三石山〜岩湧山がいいかな。とにかく紀見峠駅に13時30分着。難波行きは13時36分発。グー、ではないか。

Copyright(c) 2013 高所恐怖症の山歩き All Rights Reserved.