二上山(雄岳・雌岳)

2008-03-08

boo

春らしい風に誘われて近場で手頃な山・二上山に行く。大阪側の万葉の森からでは登った気がしないのと、奈良側からは登ったことがないので、道の駅「ふたかみパーク當麻」に駐車して雄岳(517m)→雌岳(474m)→祐泉寺→当麻寺と回る予定。道の駅で美味しそうな小麦餅を仕入れ、標識に従って登山口へ。ここからはよく整備された階段とフラットな自然林も一杯の小径を辿ることになる。

雄岳の標高は517mと大したことはないが出発地点も低いので、金剛山・千早本道を登る程度はありそうだ。高度を稼ぐと展望もグンとよくなって葛城・金剛の山並みから、樹林越しには奈良盆地がよく見渡せる。雄岳はもう間近だ。

雄岳通過には入山料一人200円が必要ということらしいので(今回は家内と二人で400円)、ネットで見たエスケープルートを行こうとして赤いテープ頼りに踏み込んでみたが途中で踏み跡も見失ってしまった。なにしろどの方向のどの位置に出たらいいかも見当がつかないので、結局引き返すことに。

雄岳・葛木坐二上神社

釈然としないが高い駐車料を徴収されるよりはマシかと400円をニィちゃん(少し話したらなかなかの好青年)に支払って、山頂の葛木坐二上神社にも参拝して無事に通過。

雄岳を少し下ったところからは雌岳の山頂が手に取るように望める。向こうは賑やかなようだ。さらに左奥には葛城・金剛の山並み、と、なかなかに雄大な景色。景色に見とれていると、ひょっこり一人の登山者が道なきところから現れる。なるほど、エスケープルートはここに出るらしい。入口と出口の位置関係が分かれば、次回はなんとかなるだろう。いつかは200円節約にがんばってみよー。

馬の背に下り、雌岳に登り返せば360度の大展望のはずだったのが、この陽気で遠くは霞んでいる。上の写真は雌岳から雄岳を見たもの。仕方ないので展望よりも食欲を満たさねばならない。大勢の人出の中ベンチを確保してランチタイム。道の駅で買った小麦餅は本当にうまかった。

帰りは馬の背から祐泉寺へ。初めての道は何もかも新鮮だが、この道はまた歩いてみたいと思わせる清流あり、大岩あり、自然林ありの気持ちのいい道だ。

あっという間に下ってしまい、当麻寺に寄る途中でつい立ち止まったのが、この傘堂。なんともユーモラスで一本の柱で屋根を支えている。当麻寺からも二上山がよく見えるし、道の駅に戻る途中も二上山のビューポイントがたくさんある。この辺りをのんびりとたそがれ時分にぶらぶらしてみるのもいいかもしれない。

傘堂

当麻寺境内から二上山

Copyright(c) 2013 高所恐怖症の山歩き All Rights Reserved.