雪の大和葛城山へ、天狗谷往復

2008-02-11

boo

朝から快晴。金剛山は凄い賑わいだろう。対面からその喧噪振りを眺めるのもよろしかろうと大和葛城山が本日の目的地。水越峠辺りは8時を少し回ったという時間でも駐車車輛の列。入口付近は両脇駐車だ。少し上に行くとまだ雪が残っているので敬遠しているのか。帰る頃には国道沿いまで車が溢れている。

ほとんどが金剛登山と思われ、天狗谷を行くのは誰もいない。途中ソリを持った親子連れを追い越しただけで山頂に来ても数えるほどの人しかいない。登山道はベンチのある休憩地点まではシャーベット上の雪が残り鬱陶しかったがそこを過ぎると気持ちのいい雪道散歩となる。人のいない雪に覆われた樹間の道は本当に気持ちいい。

山頂は大雪原。足の踏み入れられていない雪面にズボッズボッと足跡を残すのもおもしろい。ソリの跡も残り昨日の子供たちの歓声も聞こえてくるようだ。360度の大展望を右に左に楽しみながら雪原の雪を踏みしめ歩く爽快感はこの山ならではの楽しみ。ロープウェイは休業中とかで登山者のみの世界で、対面の金剛山の偉容を眺めながらのコーヒータイムを楽しむ。

今日は下山も天狗谷のコース。ショウジョウバカマの群生地辺りで行きに追い越した親子連れと擦れ違う。楽しさ満面の子供が可愛い。まだ幼そうだったがここまでよく頑張ったものだ。知らぬ間に孫と登山・・・なんて歳になってしまった。家から往復4時間あまりの好天に恵まれた日だまりハイクのいい休日だった。

Copyright(c) 2013 高所恐怖症の山歩き All Rights Reserved.