新雪に喜んだ金剛山(青崩〜ダイトレ)

2008-02-09

boo

昨日の天気予報では雪マーク。雪の降る中を家から岩湧山まで歩いて静かな山行もまた一興と思っていたが、出かける頃は雨がかなりの勢いで降っている。さすがにこの中を歩く気になれず、大和葛城山にでも行けば雪になっているかと、また、葛城山麓公園から大和葛城山までの登山コースは前から一度行ってみたいということもあって葛城山麓公園目指して出発。

ところが、水越峠近くまで来ても一向雪になる気配はない。頂上まで雨の中というのはご免被りたいし、金剛山なら頂上は雪に違いないと確信して、結局は今回は敬遠したかった金剛山に青崩道から登ることに。結果はこれが大正解で、金剛山の大雪に出会えとてもいい雰囲気を味わえたし、下山道のダイトレは新雪の中を気持ちよく下れたし、長い林道歩きも30センチほどの新雪に埋もれて歩くことができた。しかも駐車場所に戻ると10センチほどの積雪で水越トンネルは警察が出て規制されていたというオマケ付き。

さて、青崩道の最初は雨の中を傘をさしての山歩き。やっと雪に変わってテンションも上がり出す・・・と思えば、かなりの降雪。セトを過ぎた辺りからは新雪に足を取られてなかなかにしんどい登りとなった。が、周りは一面の銀世界で、と〜っても、奇麗、奇麗の連発だ。霧氷でなく、新雪が葉を落とした枝に積もっているのも、また風情があっていい。

国見城跡まで2時間弱で到着すれば、この雪の降りしきる中でもたくさんの方で賑わっている。降る雪をものともせず早速にラーメンを煮込んで寒い身体を温める。ラーメン、おにぎり、コーヒーと一通りの儀式を済ませれば自分が雪だるま状態。食事中、雪の重さに耐えかねた杉の一枝がバサッと近くに落ちてくる。直撃されたものなら堪らないだろうと頭上確認。そそくさに切り上げて下山コースへ。

ダイトレは先客の足跡もかき消されるように新雪がずんずん降り積もっている。擦れ違う人も少なく静かな山行が楽しめた。さすがに今日は悪天候だったようだ。それでも、カヤンボの休憩所下で出会ったご夫婦はこの雪を見て堪らず出てきたそうで、時間は3時前でモミジ谷のほうに行かれたが、すごい猛者もいるものだと感嘆しつつ水越峠に向かう。雪は止む様子もなく、水越峠で20センチほどの積雪。来た時は雨が降っていたのになー。

Copyright(c) 2013 高所恐怖症の山歩き All Rights Reserved.