金剛山・天ヶ滝新道

2008-01-20

boo

三周連続の金剛登山。別に回数登山をやっている訳ではないがこの季節は雪・霧氷・樹氷を見られる機会の多い金剛山に行くかとなってしまう。今回は奈良側の山麓線から卵の販売所を目印に細い道を数百メートル入った行き止まりに20台ほどの駐車スペースがある天ヶ滝新道登山口からの往復だ。最初に200段ほどの少し急な階段をこなすと天ヶ滝との分岐点で一休み。天ヶ滝へはほんの少しなのでついでに立ち寄るといい。あとは長い道のりを徐々に高度を上げて行けばダイトレに合してすぐに伏見峠。歩きやすい道だ。

途中から粉雪が舞ってきて千早園地に着いた頃には少し新雪も積もってくる。同行の一人がアイゼンを忘れたのでここの売店で買い求める。ま、仕方ない。展望台の奥まったところで風よけ・雪よけしてランチタイム。焼酎のお湯割りとカップラーメンで冷えた身体を温める。宴のあと国見城跡に向かうが雪は降り続けている。私はなんとかアイゼン無しでやり過ごすつもりが、ついにスッテンコロリンと見事に新雪に隠れた氷に足を滑らせてしまった。油断大敵でさっさとアイゼンをつけておけばよかったとは後の祭り。

今日はたくさんの少年少女の耐寒登山で賑わっていたが、大人の団体様の喧噪とは違い子供たちの歓声は耳にも快い。残念ながら霧氷・樹氷は見られなかったがサラサラの粉雪の中の山中を歩けて大満足。帰りの登山道もわずか2.3時間ですっかり雪に覆われて様相は一変。駐車場に戻れば雨に変わっていたが、あとは近くのかもきみの湯で汗を流して身体を温めれば冬のよき休日である。

Copyright(c) 2013 高所恐怖症の山歩き All Rights Reserved.