長野戎と烏帽子形公園

2008-01-09

boo

今日は宵戎。午前中の市内での打ち合わせが終わっての帰り、河内長野駅で降りて「えべっさん」に行ってみた。長野神社は毎年たくさんの人が訪れるが、今年は境内の出店が多かったように思う。福が授かりますように・・・。

ここから天野酒の出店に向かう。目当ては大吟醸酒粕。これで作った粕汁はたまらなく美味い。が、すでに売切れ。明日は午前中に行ってみるか。ここから踵を返して三日市町を経て帰るのが近道だが引き返すのも癪だ。烏帽子形神社でも回ってみるかと371号線を渡って進むと、烏帽子形公園に入る石段がある。

長野戎(左)、烏帽子形公園古墳の丘展望台からは市街が一望できる(右)

ちょっと興味を引かれて入ってみるとなかなかに雰囲気のいい道。すぐに古墳の丘に出て、ここの展望台からは市街が一望できる。さらに本丸跡に向かえば落ち葉が積み重なった絨毯のような小径は疲れた足を癒してくれる。途中枝道が四通八達しておりどの道も歩いてみたくなるが、まずは本丸跡。狭い台地上で標高は確か181mとあったと思うが樹木が茂ってあまり視界は効かない。

烏帽子形公園の中の小径はどれも歩くのが楽しくなる(左)、右から旗尾岳・府庁山・田山の稜線(右)

南に向かって遊具のある広場に下れば、岩湧山や金剛山が望める広々とした開放感一杯の場所だ。ここまで来ればついでに花の文化園から南花台経由で帰ろうと、気分はすでにハイキング。南花台の乗馬センター沿いの道からは大和葛城山から岩湧山までダイトレコースが手に取るように見える。天見の旗尾岳・府庁山・田山の稜線もよく分かる。汗をかきかき帰ってくれば1時過ぎに帰る予定が3時を回っていた。

Copyright(c) 2013 高所恐怖症の山歩き All Rights Reserved.