散歩コース

2007-12-26

普段の散歩は住宅街の外周をぐるりと歩く。春のさくら、秋はケヤキの紅葉、そして、金剛山、大和葛城山、岩湧山が望める四季それぞれの息吹を感じられる一周約50分のお気に入りの道だ。それでも毎日歩いていると、浮気もしたくなる。歩くコースを外れる程度の浮気は世間様も奥様も寛容に許してくれることだろう。ここは里山を一つ切り開いただけあって少し足を伸ばせば、周りはハイキングコースだらけでコースのバリエーションは数えきれない。

外周道路沿いの家並みと金剛山(左)

写真右のこの道は外周道路から下り、昼なお暗い杉林に囲まれた小径を辿り千早口の駅へと通じている。橋本へ向かうバイパス工事のおかげで鬱蒼とした小径はかなり短くなってしまったが、夏は涼しく心地いい風を恵んでくれる。ここから南海の旧軌道敷跡の遊歩道を川沿いに森や田園風景の中を歩いて外周道路に戻れば、さらに10〜30分ほど歩行時間が伸びる(外周に戻るにも変化あるコースが幾通りもある)。この道を見るとつい甘い誘惑に誘われて降りて行きたくなる。

Copyright(c) 2013 高所恐怖症の山歩き All Rights Reserved.