御堂筋ぶらぶら

2007-12-21

boo

9時から始まった梅田での打ち合わせが終わったのが12時前。次の本町での打ち合わせの3時までは随分と時間が余る。ランチタイムに独りで飯を食うのは慌ただしくて嫌なのと時間つぶしに御堂筋をぶらぶら歩いて心斎橋の東急ハンズをウロつこうと決める。本町は初回の相手なのでビルも確認しておけばなおさら好都合。

駅前ビル前の御堂筋沿いに黒山の人だかり。年末ジャンボ宝くじの最終日らしい。残り福を求めているのだろう。まずは当たらないと思うが買わなければ絶対に当たらない。列の最後尾に並ぶか少し迷ったが、目先の昼飯に資金投入することにしよう。御堂筋はいつ歩いても気持ちいい。まだ少しイチョウの葉も残っている。

快調に歩いていると高麗橋の交差点あたりだったか、例のごとく赤信号は左右確認して・・・と、おや、パトカーが道路脇に止まっている。とりあえず遵法精神に徹しよう。自転車に乗って南から来た若者がいったん左右確認して・・・と、咄嗟の急停止。いい判断だ。若いと視野が広くていい。青信号を漫然と進むより赤信号を周りに注意して進むほうがよほど安全かもしれない、と呟いておく。

卑劣なものを見た後味の悪さを少し引き摺って、備後町の交差点。打ち合わせの相手はここを東に入る。御堂筋と別れて進むと、また黒山の人だかり。せんべい「小倉山荘」が目当てらしい。3時前にも通ったが店内は閑散といていた。あの行列は何だったのだろう? 相手ビルも確認して長堀橋の地下に潜り込んだのは1時を過ぎてちょうどいい昼飯時。ここでのんびりゆったりと休憩。

東急ハンズでは芯2mm のシャーペンを見つけて衝動買い。本町へは遠回りだが時間もあるので御堂筋を北上。打ち合わせ中に休憩できたので、三休橋筋から心斎橋に、そこから御堂筋を難波まで歩く。これで梅田・難波間を繋いだことになった。イチョウの黄葉は難波に近付くにつれ残っている量が増えている。夕刻の御堂筋もいいものだ。帰って万歩計(携帯に付いている)を確認すると25000歩余、よく歩いた。

Copyright(c) 2013 高所恐怖症の山歩き All Rights Reserved.