自宅から府庁山〜田山〜クヌギ峠と一周り

2007-12-09

boo

ガソリン代が高騰したので家から歩いて行ける山歩きにシフトしなければ・・・ということで、以前から行きたいと思っていた「府庁山」に出かけてみた。南海旧軌道敷跡の遊歩道を南天の実を眺めつつ天見まで約1時間。途中蟹井神社に参拝し、小休止。杉の大木が見事なところ。島の谷の林道沿いはのどかな山村風景が素晴らしい。こんな近くで日本の原風景に出会えるとは驚きだ。

天見・蟹井神社

集落を過ぎだらだらと林道を登って行くと、突然十字峠への細い階段が左に誘う。ここからは今までとは打って変わった急登で、細い登山道。河内長野のガイドや標識ではハイキングコースとなっているが、そのつもりで歩きにくれば戸惑うこと必至。十字峠に着けばまっすぐ石見川へは狭い下り道、左右に少し広い林道が通っているが府庁山には左へ向かう。

さらに進んで林道から逸れるように細い山道に入るが、山友会の指標があるので見逃さないように。途中迷いやすそうなところにはこの指標があり、大変助かった。これがなかったら迷ったかもしれないし、とても不安だったと思う。市販の地図は参考にはなるがそれだけに頼ろうとすると酷い目に遭うだろう。ここからは整備されている登山道という感じでない、自然な中の山歩きを楽しめる。

視界の効かない樹林帯や薮の中を掻き分けてアップダウンを繰り返しながら府庁山に近付くと、足下に斜面が広がり特徴ある山頂の岩湧山が望まれる。蟹井神社から1時間30分、広くない山頂で岩湧山を眺めながらの昼食である。先客は壮年の男性一人、この日他には誰独りとして出会うことがなかった静かな山行であった。

岩湧山

府庁山からは三方に道が通じている。十字峠へ戻る道、旗尾岳(天見富士)へ向かう道、田山からクヌギ峠へ向かう道。我が家まで歩いて帰るにはクヌギ峠へ向かうのが最短。ここから田山近くまでも視界は効かないが自然一杯のアップダウンが心地いい道だ。田山に近付いた頃か過ぎた頃かは記憶があやふやになってしまったが(やばい! 老化現象だ)、まず岩湧山、次に金剛山が視界に入る。特に、金剛山から葛城山、二上山、生駒の山並み、さらに六甲への山並みとつづく広大な展望が楽しめる休憩ポイント(切り株に腰を下ろしてコーヒーを啜れば最高!)がある。

大和葛城山

自然な道と展望を楽しみあとは下山のみと少し歩をすすめると、正面に飛び込んできたのは、なんか見覚えのある風景。それもそのはずで我が街とその中心に位置する中学校だ。一軒一軒が手に取るように見える我が街につづいてすぐ近くに大阪湾、その向こうに六甲・・・なんてそれぞれが近いんだろう。大阪湾なんて目と鼻の先にある。しばし見とれてさてここからがクヌギ峠までは急滑降の道。反対からの直登はさぞかし大変だろうと思う。クヌギ峠からは緩やかな道を下り、南河内グリーンロードに合流。府庁山から約2時間。ここから我が家まで1時間足らずの散歩道。

我が街の中学校から大阪湾までが指呼の間!

Copyright(c) 2013 高所恐怖症の山歩き All Rights Reserved.