下界よりは涼しかろうと極楽橋〜高野山奥の院

2007-07-28

boo

美加の台から南海電車に乗り込めば土曜日ということもあって、単独、夫婦連れ、グループのウォーキングスタイルの中高年が目につく。私もその一員だが、車輛の半分以上を占めていたのではなかろうか。金剛山、岩湧山を目指して紀見峠駅で大半が下車するのかと思いきや、先頭車輛ということもあって下車する人はいない。橋本で乗り換えてほとんどの人がしばしの涼を求めて高野山に向かうようだ。険しい山間を縫って極楽橋駅に着けば私たち夫婦を除いてみなさんケーブルに乗り込む。町石道を辿る人以外は中途半端に極楽橋から不動坂を登るなんてしないのだろうか?

極彩色の極楽橋から最大斜度30度のケーブールの下を通り抜け、さほどきつくない不動坂(景色も良く、気持ちいいハイキングコース! 途中では滝も眺められる)を40分ほど登り詰めれば、女人堂に到着。あとは平坦な道を奥の院までひたすら歩くのみ。さすがに下界よりは涼しかったようだ。高野山には焼き餅に麩まんじゅう、ごま豆腐と山歩きとは違った楽しみがある。帰りも極楽橋まで歩いて戻れば4時間ほどの歩行時間。暑い時にはおすすめのコース。

Copyright(c) 2013 高所恐怖症の山歩き All Rights Reserved.