初めての鳥取・大山登山

2007-05-27

boo

近辺の低山歩きを楽しんできたが、少しは高い山にも登りたくなった。人気上位で初心者にも夏山登山道だと大丈夫のようだ。大阪からも比較的に近い。それでも不安いっぱいだが意を決して、登山口に一番近い南光河原駐車場に着いたのは7時を少し過ぎた頃。さすがに日曜日、すでに満車。鳥取、島根、岡山、広島、神戸、大阪・・・とさまざまなナンバーが並んでいる。

単独行からカップル、家族連れ、グループ、小さいお子さんから大先輩までとこちらも様々。夏山開きは来週だが、さすがに人気の山というのを実感させられる。さて、トイレを済ませ、登山届けに記入して7時20分出発。大山寺周辺の駐車場はスキーシーズンを除いては無料というのもありがたい。

最初はなだらかな階段が続き、右手に阿弥陀堂を見ると本格的な登山道に入る。といっても整備された階段で、思ったよりも険しさは感じられない。ブナ林の新緑の中が心地よいが三合目を過ぎたあたりから段差もきつくなり、喘ぎ喘ぎ登ることになる。100Mごとにある標識を励みに六合目までたどり着けば、そこには絶景が広がっている。見下ろせば広大な山裾に吸い込まれそうになり、見上げれば大山の険しい稜線に圧倒される。今日は季節外れの大陸からの黄砂のために残念ながら遠望は効かなかったが、海岸線の美しさはさぞかしと思われる。

六合目から大山北壁

六合目からは樹木も低くなり視界を遮るもののない登山道。私のような高所恐怖症のものにとっては試練の道となるが、ほとんどの人は八合目までの急階段もこの大パノラマを前にすれば何ということなくクリアできるだろう。八合目からはダイセンキャラボクの群生の中に架けられた緩やかな木道を通り、山頂到着は9時40分。所要時間は2時間20分で、予想していたよりも早い時間で着くことができた。

頂上付近は木道を行く

しかし、あまりに早く着きすぎたので、まだ、お弁当を頬張るには早過ぎ・・・。20分ほど展望を楽しみ休憩して下山。結局下りの六合目でランチタイムとなったが、それでも早かった。下る途中小学校低学年から幼稚園児くらいのお子さんと何人か出会ったが、みんな元気いっぱい。日本の未来は明るい、か。

最高点へつづく道と奥に剣ケ峰

Copyright(c) 2013 高所恐怖症の山歩き All Rights Reserved.