紀見峠駅〜岩湧山〜滝畑

2007-05-03

boo

美加の台駅を8:09分に乗車、紀見峠駅のホームに降り立つと4,5組の登山者が改札に向かう。それぞれ思い思いに金剛山、岩湧山へと登るのだろうか。私たち夫婦の本日の目的は岩湧山を経て滝畑までの縦走。ここから金剛山までたどり着く自信は今のところまだ、ない。駅前の案内では岩湧山まで6.8km(3時間)とあり、今まででは最高の長丁場となりそうだ。まずは越ヶ滝キャンプ場を目指す。根古川の渓流沿いの気持ちのいい道をしばらく鼻歌まじりに快調に進むと、キャンプ場手前を右に分かれ、ここからは胸突き八丁の急坂を喘ぎ喘ぎ三合目を目指す。

急坂が終わって階段に向かう前に一休み。エネルギーを補給して階段に取りかかる。こちらは想像していたほどの険しさはなく、また、小休止したので体力も回復したのか思ったよりもいいペースで三合目到着。ベンチが並んで休憩ポイントだが腰を下ろすことなくダイトレを岩湧山に向かう。この先少し長い階段があるが杉木立の合間から見える新緑に目を奪われ疲れも忘れてしまうほど。ゴールデンウィーク初日というのに数組の登山者と出会うだけだったが、さすがに岩湧寺へのいわわきの道との合流を過ぎるとすれ違いの挨拶も多くなってくる。

山頂への最後の階段手前に今春より新設なったトイレで用を済ませて(家内大喜び)、登りにかかればカヤトの山焼きのあとからワラビが芽を出しすみれもところどころに咲いている。アザミもたくさん葉を出している。山頂はさすがにたくさんの登山者が集まっているが、金剛山やこの時季の葛城山の喧噪さとは比べ物にならないくらいの静けさだ。山焼きされたおかげで遮るもののない豪快な展望が開けているが、この日は少し霞んでいて大展望はお預け。10時40分の到着だが少し早いお昼ご飯にして、あとは一気に滝畑へと眩しい新緑の中を下る。滝畑への道は南葛城山を望み広葉樹林も多くこの時季は本当に清々しい気分にさせてくれる素晴らしい道。

Copyright(c) 2013 高所恐怖症の山歩き All Rights Reserved.